このページの本文へ

クリエイティブメディア「Sound Blaster X-Fi Titanium Fatal1ty Professional Series」

PCI Express x1接続の「Fatal1ty」シグネチャーサウンドカード!

2008年06月14日 21時00分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クリエイティブメディアから世界的なプロゲーマーJohnathan “Fatal1ty” Wendelのシグネチャーモデルとなる「Sound Blaster X-Fi Titanium Fatal1ty Professional Series」(型番:SB0886)が登場した。

「Sound Blaster X-Fi Titanium Fatal1ty Professional Series」 基板
プロゲーマーJohnathan “Fatal1ty” Wendelのシグネチャーモデルとなるクリエイティブメディア製サウンドカード「Sound Blaster X-Fi Titanium Fatal1ty Professional Series」

 本製品は、コントローラチップに「Creative X-Fi Xtreme Fidelity」オーディオプロセッサ採用し、メモリには64MBのオーディオ専用メモリ「X-RAM」を搭載したPCI Express x1接続のサウンドカード。また、サウンドカード全体を金属製パネルで覆っているのも特徴だ。同様に「Creative X-Fi Xtreme Fidelity」オーディオプロセッサを採用する製品としては、以前にもPCI接続タイプの「Sound Blaster X-Fi Platinum Fatal1ty Champion Series」が登場している。
 主なスペックは、出力はオプティカル×1、ミニジャック×4。入力がオプティカル×1、マイク入力×1。価格はパソコンハウス東映で1万6980円となっている。

コネクタ 付属品
出力はオプティカル×1、ミニジャック×4。入力がオプティカル×1、マイク入力×1

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中