このページの本文へ

紙袋は必須だ!!

【TGS2007 Vol.3】TGS2007の各メーカーの状況を密着レポート

2007年09月21日 01時32分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 千葉・幕張メッセで20日、国内最大規模となるゲームの展示会「東京ゲームショウ2007」が本日より開幕した。今年は北米で開催されるゲームの展示会「Electronic Entertainment Expo」(通称:E3)の規模が大幅縮小されたのが理由なのか海外企業が多く参入し、過去最高となる217の企業・団体が出展されている

大手メーカー系ブースをどしどしチェック!!


 プレイステーション3やXbox 360、Wiiと据え置き型の新型機が出そろった状態での初めてのゲームショウということで、早速筆者は各企業の試遊台などの状態をサクサク取材してきたぞ。



モグワッペンで「一緒にやりましょう」
スクウェア・エニックスブース


スターオーシャン1 First Departureの試遊台 「ファイナルファンタジーIV」の試遊台
スターオーシャン1 First Departureの試遊台「ファイナルファンタジーIV」の試遊台

 スクウェア・エニックスのブースの試遊台には、ニンテンドーDSから発売されるRPG「ファイナルファンタジーIV」やPSPから発売されるリメイク作品「スターオーシャン1 First Departure」の試遊台が注目を集めていた。また、ニンテンドーDS用ゲームソフト「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト」の試遊台コーナーでは、会場にソフトとゲーム機を持参したきたユーザーに布製「モグスタンプワッペン」をプレゼントしていた。このワッペンを付けているだけで、ほかのユーザーに「マルチプレイを一緒にやりましょう」とアピールできる

モグワッペン配布コーナー ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイトの試遊台
モグワッペン配布コーナーファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイトの試遊台
チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮の試遊コーナー DS:Style
Wii用ゲームソフトとして、不思議なダンジョン系RPG「チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮」のコーナーが幻想的に設営されていた。ゲーム体験後はオリジナルキーチェーンがもらえるぞさまざまなDS用ゲームソフトが用意されている「DS:Style」は、バーカウンター風に設営。「マスター、まずは美味いDSゲームをくれ」と言いたくなる


Wiiリモコンで「ナイッショ!!」
カプコンブース


 (株)カプコンのブースで注目を浴びていたのは「DEVIL MAY CRY 4」と「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」だ。また、Wii用ゲームソフト「ウィーラブゴルフ」のコーナーは、Wiiリモコンをゴルフクラブのようにスイングしており、まるで打ちっ放しのような雰囲気を出していた。

DEVIL MAY CRY 4のコーナー ウィーラブゴルフのコーナー
DEVIL MAY CRY 4のコーナーウィーラブゴルフのコーナー
バイオハザード アンブレラ・クロニクルズのコーナー 「戦国BASARA2 英雄外伝」のコーナー
バイオハザード アンブレラ・クロニクルズのコーナーは、洋館風に設営されていた。ちなみに筆者はレベッカ派だ「戦国BASARA2 英雄外伝」のコーナーの入り口にはゲームに登場するキャラクター「本田忠勝」さんがトンボどころかトンネルだって掘れそうな槍を持って仁王立ちしていた


オリジナルDSソフトがもらえちゃう!?
レベルファイブブース


 (株)レベルファイブのブースではなんと、レイトン教授のオリジナルミニストーリーが収録されたニンテンドーDSソフトを無料配布するぞ。ただ取材当日はビジネスデーであったにも関わらず、あまりの激戦区だったため筆者は諦めたほどだった。一般公開日は想像を絶する人ごみを発揮すると思われるので、欲しい方は開場と同時に真っ直ぐ向かうことをお勧めする

無料配布のPOP 長蛇の列
無料配布のPOPビジネスデーなのにこの有様だ


牧場の最新作 もうやるしか!!
マーベラスエンターテイメントブース


 (株)マーベラスエンターテイメントでは、新牧場物語シリーズ「ルーンファクトリー」の最新作「ルーンファクトリー2」の試遊台が設置されていた。前作に萌えを感じたユーザーは体験することはもはや必定である。

ルーンファクトリー2の試遊台 上に吊るされたタペストリー
ルーンファクトリー2の試遊台上に吊るされたタペストリー


KOFキャラのギャルゲー? いやいや本命は……
SNKプレイモアブース


 次は(株)SNKプレイモアのブースを紹介する。筆者は中学時代夢中にさせたKOFの戦士たちがまさかギャルゲーになって目の前に現れるとは夢に思わなかった。そんな携帯電話機向けのアプリゲーム「Days of Memoriesシリーズ」が目を引いた。

Days of Memoriesシリーズ Days of Memoriesシリーズ
どきどき魔女神判2 DUOとTHE KING OF FIGHTERS XIIのPOP 抱き枕
そして、あのタッチアドベンチャーゲーム「どきどき魔女神判」の続編、「どきどき魔女神判2 DUO」も発売決定と発表された。発売日は2008年予定で、CEROは審査予定となっている。右は「THE KING OF FIGHTERS XII」のPOPブース内には「どき魔女購買部」なるコーナーが設置され、けしからん抱き枕が先行販売されていた。さまざまな犠牲を恐れない勇者はぜひとも購入して「魔女の印」を探してみてはどうだろうか。価格は1万500円


ケータイゲームもじっくりチェック
ソフトバンクブース


 ソフトバンク(株)のコーナーでは、携帯向けアプリゲーム「Sweet Guardian ~お嬢様の恋愛レッスン~」が展示されていた。コーナーでは宝塚のような格好をした係員がプレイ方法をユーザーに教えていた。

Sweet Guardian ~お嬢様の恋愛レッスン~体験コーナー Sweet Guardian ~お嬢様の恋愛レッスン~体験コーナー


ガンダム、幕張に、立つ
バンダイナムコブース


 個人的に最も気になる(株)バンダイナムコゲームスのブースでは、筆者が待ちに待っているFPSゲーム「ガンダム オペレーショントロイ」の試遊台が設置されていた。開発率は60%で年内発売予定となっていた。そのほかの試遊台では、テイルズシリーズの正統なシリーズ「テイルズ オブ イノセンス」やリメイク版である「テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット」が注目を集めていた。

ガンダム オペレーショントロイの試遊台
テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット テイルズ オブ イノセンス
テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカットテイルズ オブ イノセンス
PSP用ソフトとして発売予定の「涼宮ハルヒの約束」の試遊台 超勇者ハルヒフィグマ
PSP用ソフトとして発売予定の「涼宮ハルヒの約束」の試遊台超勇者ハルヒフィグマ


帝國華撃団が帰ってくる
セガブース


 (株)セガからは「サクラ大戦シリーズ」の最新作「サクラ大戦 ~君あるがため~」や、11年ぶりに新作として発売される「ナイツ ~星降る夜の物語~」などの試遊台を設置。

サクラ大戦 ~君あるがため~の体験後はポストカードが貰える ナイツ ~星降る夜の物語~
サクラ大戦 ~君あるがため~の体験後はポストカードが貰える11年ぶりに復活したナイツ。筆者はセガサターン同梱版のクリスマスナイツが子どもの頃欲しかった


PS3の試遊台を遊び尽くせるか?
ソニーブース


 ソニー(株)では、プレイステーション3で発売されるタイトルの試遊台を大きく取っていた。また、本日発表された振動機能を追加したワイヤレスコントローラー「DUALSHOCK 3」を展示していた。11月発売予定で、価格は現時点では未定となっている。

横一面に広がっている試遊コーナー DUALSHOCK 3
横一面に広がっている試遊コーナーDUALSHOCK 3
ソニーブースでは個人的に一番気になった「白騎士物語」。発売日や価格ともに未定となっている、今後の情報が楽しみだ ダウンロード販売される予定の「GRAN TURISMO 5 Prologue」。12月13日に配信予定で、価格は4500円
ソニーブースでは個人的に一番気になった「白騎士物語」。発売日や価格ともに未定となっている、今後の情報が楽しみだダウンロード販売される予定の「GRAN TURISMO 5 Prologue」。12月13日に配信予定で、価格は4500円


ゲーム系専門学校の学生が作成したゲームなども展示


 ゲーム系専門学校の学生が作成したゲームも展示されていた。企業のブースは人が多く、試遊台をプレイするのも列を作っており殺伐としていたが、こちらは学校の文化祭の様な雰囲気で、筆者は心が洗われたような気がした。

「XNA Game Studio Express」を利用して作成されたゲーム 「牛との“ひととき”を貴方に」がキャッチフレーズだ
これはマイクロソフト(株)が提供しているゲーム開発ツール群「XNA(エックスエヌエー) Game Studio Express」を利用して作成されたゲームこれはスペインのマタドールをイメージしたゲームで、牛の突進を予測してギリギリでかわしたり、牛をハンマーでぶっ叩いて飛距離を競うモードなどある。ゲーム中の音声は怪しいスペイン語でシュールさを誘う

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン