このページの本文へ

よく見ないとわからない?! ブラジル/ポルトガル語のキーボードが発売中

2007年09月15日 23時49分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ブラジル/ポルトガル語のワイヤレスキーボード「media cruiser LM810」がGeniusから登場した。これまでにも英語や中国語などのキーボードが発売されているのは見かけたが、ブラジル/ポルトガル語は珍しいといえる。

media cruiser LM810 ブラジル/ポルトガル語のワイヤレスキーボード「media cruiser LM810」

 パッと見は英語キーボードだが、よく見るとブラジル/ポルトガル語特有の文字がキートップに確認できる。とはいえ、基本はアルファベットで、キーボードにプリントされた各種ホットキーの説明も英語なので、英語キーボードと同じ感覚で使用できるだろう。

ブラジル/ポルトガル語 “L”キーの右隣りに見慣れない文字のキーがある!

 本製品はマルチメディアに特化したワイヤレスキーボード。ワンタッチでメディアセンターにアクセスできるのが特徴で、キーボードの左右には各種ホットキーが36個配置されている。キーボード左側ではマウスクリック、オーディオの再生/停止、音量調節などが可能。右側にはポインティングデバイスやホイールのほか、マイ ピクチャやマイ ミュージックフォルダへのショートカットボタンが用意されている。
 サイズは450(W)×150(D)×3.4(H)mmで、重量は778g。電源には単3形アルカリ電池を2本使用。主な付属品はUSB接続のレシーバ(2.4GHz)など。対応OSは、Windows XP Media Center EditionとWindows Vistaのみ。MCEとVista以外では使用できないので注意してもらいたい。価格はクレバリー2号店で9470円となっている。

キーボード左側 キーボード右側
キーボード左側ではマウスクリック、オーディオの再生/停止、音量調節などが可能右側にはポインティングデバイスやホイールのほか、マイ ピクチャやマイ ミュージックフォルダへのショートカットボタンが用意されている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中