このページの本文へ

シャワーでじゃぶじゃぶと水洗いが可能な日本語109キーボードが発売に!

2007年09月01日 21時45分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グリーンフラッシュジャパンからシャワーでじゃぶじゃぶと水洗いも可能なキーボード「PSK-7091」が発売された。いわゆる普通の形状をしたキーボードで水洗いまで可能な製品は珍しい。

「PSK-7091」 シャワーでじゃぶじゃぶと水洗いも可能なキーボード「PSK-7091」が発売。普通の形状をしたキーボードで水洗いまで可能な製品は珍しい

 水洗いが可能なキーボードといえば、2003年に丸めて収納可能なフレキシブルキーボード「FX200-USB」がFLEXISという韓国のメーカーから発売され話題となったが、今回登場した「PSK-7091」は一見すると、どこにでもありそうな日本語109キーボードだ。もともとは防滴仕様が特徴の「PSK-7090」がベースの製品のようで、筐体デザインなどは同じ。ただし「PSK-7091」では防滴のさらに上を行く水洗いも可能な製品へとバージョンアップが図られている。
 もっとも「“水洗い”とはいえどれくらいのレベルで可能なのか?」と疑問をもっている人も多いだろうと思う。そんな人は同社ウェブサイトの紹介動画を見てもらえば納得するはず。洗面台に設けられたシャワーから出る水を勢いよくかけている様子が公開されている。

「PSK-7091」
サイズ444(L)×150(W)×32(H)mmでメンブレン方式のキースイッチはキーピッチ19.05mm。インターフェイスはUSBまたはPS2で、洗う際には端子に水がかからないように注意する必要がある

 製品はサイズ444(W)×150(D)×32(H)mmでメンブレン方式のキースイッチはキーピッチ19.05mm。インターフェイスはUSBまたはPS2で、洗う際には端子に水がかからないように注意する必要がある。なお、背面には水が抜けるように穴が設けられているが、ここまでは一般的な防滴仕様の製品と同じ。なぜ水洗いまで可能なのかは正直なところ不明だ。ちなみに販売しているクレバリー2号店では「大手ネットカフェで採用されているモデル。雨に濡れる、水しぶきがかかる状況。厨房など濡れた手で操作するような場所などに最適」としている。価格は1万1518円だ。

「PSK-7090」
もともとは防滴仕様が特徴の「PSK-7090」がベースの製品のようで、筐体デザインなどは同じ。ただし「PSK-7091」では防滴のさらに上を行く水洗いも可能な製品となった

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中