このページの本文へ

スカイコムがPDF変換サービス「NinjaPDF」を米セールスフォース上で提供開始

2007年09月07日 18時32分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社スカイコムはSaaS方式の高速PDF変換サービス「NinjaPDF for AppExchange」を米Salesforceのアプリケーション共有サービス「AppExchange」上で開始すると発表した。


AppExchange上にサービスを提供


 株式会社スカイコムは7日、SaaS方式の高速PDF変換サービス「NinjaPDF for AppExchange」を開始すると発表した。同サービスはスカイコムが持つPDF変換ソフト「SkyPDF」のエンジンをベースに、米Salesforceのアプリケーション共有サービス「AppExchange」上で提供される。

 Salesforce上の顧客管理機能と連携し、同サービス内のファイルを直接PDFに変換したり、顧客情報にローカルの文書ファイルを添付することが可能になっている。また、ローカルの文書ファイルをPDFに変換して、ローカルに保存することもできる。

 価格は1ユーザーあたり、5US$。対応する文書はマイクロソフトのWord2000/2002/2003、Excel2000/2002/2003、PowerPoint2000/2002/2003、Visio2000/2002/2003に加え、テキストやCSV、BMPやJPEGなどの画像ファイルとなり、ブラウザの対応はInternet Explorer 5.5以上、Firefox1.0以上、Mozilla1.5以上。日本版の提供は2008年初春を予定している。

 なお、通常無料体験期間は30日だが、11月5日までに登録すれば、12月5日まで同サービスを無料で利用できるキャンペーンを実施している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ