このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ビデオ編集ソフト

レビュー:Adobe Premiere Pro CS3

2007年08月23日 22時57分更新

文● 斎賀和彦

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Blu-rayに対応する付属オーサリングソフト


 Premiereには、「Adobe Encore CS3」というDVDオーサリングソフトが付属する。(1)PremiereからEncoreへの書き出しを選ぶ、(2)MPEG-2にエンコード、③自動的にEncoreが起動、(4)エンコードされたファイルが読み込まれる──という流れで両ソフトは連携する。

 EncoreのDVDメニューは、結婚式、スポーツ、トラベルなど、用途に沿ったテンプレートやタイトル素材が豊富に用意されているほか、カスタマイズも可能。CS3シリーズとの親和性も高く「Adobe Photoshop」で自作した素材を取り込むこともできる。

 チャプターの設定は、Encoreはもちろん、Premiereのタイムライン上でも可能だ。

Adobe Premiere Pro CS3

Encore上でのチャプターの追加は、クリックして「チャプターポイントを追加」を選ぶだけと簡単。途中でスライドを追加した場合、自動的にチャプターを作る機能もある

複雑なメニュー内のリンクをひと目で示すフローチャートや、オーサリング内容を事前にチェックできるプロジェクトプレビュー機能も搭載)。

Adobe Premiere Pro CS3

オーサリングの構造をマップ化するフローチャートビューは、複雑になりがちなオーサリングの構造とそれに伴う作業を視覚化してくれる

Adobe Premiere Pro CS3

「プロジェクトプレビュー」でDVDを焼く前にオーサリング内容をシミュレーションできるので、時間とディスクを無駄に消費しない

現在、Blu-rayドライブはMacに搭載されていないとはいえ、通常のDVDタイトルと同じ感覚でBlu-rayタイトルを制作できる点は注目だ。

【Conclusion】
 取り込んだ素材を検索できる。メニュー作成などでAdobe Photoshopなどとの連動性が高い。数多くのモバイル機器への出力にも対応している。

×  ビデオフォーマットがプロジェクト単位で固定されるため、DVプロジェクトではHDVテープの映像を取り込めない。HDVを編集後にテープへ書き出せない。

(MacPeople 2007年9月号より転載)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中