このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

20V型のパーソナルユース向けモデルもラインナップ

三菱電機、倍速表示やHDMI機器連携を搭載した“REAL”MZWシリーズを発売

2007年08月23日 17時21分更新

文● 編集部 永水和久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

三菱電器(株)は22日、東京・有明の東京国際展示場(東京ビッグサイト)で記者説明会を開催し、液晶テレビの新製品として、秒間120コマ(120Hz駆動)の倍速表示に対応する“REAL MZW”新シリーズ3モデルと、パーソナルユースや2台目以降の適したサイズに小型化したという“REAL MX”シリーズの新3モデルを発表した。10月1日より順次発売する。価格はいずれもオープン。


このほか同日、1920×1080ドットパネルを採用するHDMI端子搭載の液晶プロジェクター『LVP-HC6000』、HDD搭載DVDレコーダーの『DVR-DV745』と『DVR-DV735』を9月1日より順次発売するとも発表した。価格はいずれもオープン。

シリーズ全モデルに
同社初の倍速表示機能を搭載

LCD-H52MZW75
LCD-H52MZW75

今回発表された“REAL MZW”新シリーズは、従来モデル“REAL MZ”シリーズに新開発の画像エンジン“DIAMOND Engine PRO II”(ダイアモンド エンジン プロ ツー)を搭載したことで、従来の秒間60コマ(60Hz駆動)から秒間120コマ(120Hz駆動)の倍速表示に対応し、動画の残像感を低減させている。このほか、パネル内部の光の乱反射を低減させた“DIAMOND Panel”(ダイアモンド パネル)を新採用し、暗部の再現力を向上させている。パネル表面には光沢加工を施している。“REAL”MZシリーズでは最大サイズは46V型であったが、“REAL”MZW新シリーズは52V型の『LCD-H52MZW75』をラインナップする。

内蔵スピーカーは新たに“DIATONE BASS”機能を搭載し、低音再生を強化している。同時発表のHDD搭載DVDレコーダーDVR-DV745、およびDVR-DV735とHDMIケーブルで接続して、テレビのリモコンから録画操作などを行なえる“REALINK”(リアリンク)機能も新たに備えている。

今回発表された“REAL”MZWシリーズのラインナップと予想実売価格は以下の通り。

LCD-H52MZW75
パネルサイズ:52V型ワイド|表示解像度:1920×1080ドット|チューナー:地上デジタル、BS、110度CSチューナー、アナログ|入力端子:HDMI×2、D4×2、コンポジットビデオ×3|サイズ:幅121.9×奥行き32.8×高さ82.1cm|重量:38.6kg|発売時期:10月21日|予想実売価格:55万円前後
LCD-H46MZW75
パネルサイズ:46V型ワイド|表示解像度:1920×1080ドット|チューナー:地上デジタル、BS、110度CSチューナー、アナログ|入力端子:HDMI×2、D4×2、コンポジットビデオ×3|サイズ:幅107.4×奥行き32.8×高さ73.4cm|重量:32.9kg|発売時期:10月21日|予想実売価格:45万円前後
LCD-H40MZW75
パネルサイズ:40V型ワイド|表示解像度:1920×1080ドット|チューナー:地上デジタル、BS、110度CSチューナー、アナログ|入力端子:HDMI×2、D4×2、コンポジットビデオ×3|サイズ:幅93.9×奥行き32.8×高さ65.8cm|重量:27kg|発売時期:10月21日|予想実売価格:38万円前後

32V型のコンパクト化モデルと
シリーズ最小の20V型を新ラインナップ

左からLCD-H32MXW75、LCD-H32MX75 左からLCD-H20MX75B(ブラック)、-S(シルバー)、-R(ローズ)
左からLCD-H32MXW75、LCD-H32MX75左からLCD-H20MX75B(ブラック)、-S(シルバー)、-R(ローズ)

“REAL MX”シリーズの新3モデルのうち、32V型の『LCD-H32MXW75』と『LCD-H32MX75』は、従来機種『LCD-H32MX70』(関連記事)からフレームやスピーカー部のスリム化が図られ、設置面積(幅×高さ)が約15%低減されている。これにより、32V型ながら、パーソナルユースや2台目以降に適したサイズと同社は位置づけている。

加えて、今回“REAL MX”シリーズ最小サイズとなる、20V型の『LCD-H20MX75B(ブラック)/-S(シルバー)/-R(ローズ)』がラインナップに加わった。

新3モデルはいずれも、REALINK機能を新たに搭載している。画像エンジンには従来ラインナップと同じ“DIAMOND Engine V”を採用する。オーディオ機能は同等となっている。なお、LCD-H32MXW75のみ、秒間120コマ(120Hz駆動)の倍速表示に対応している。

今回発表された“REAL”MXシリーズのラインナップと予想実売価格は以下の通り。

LCD-H32MXW75
パネルサイズ:32V型ワイド|表示解像度:1366×768ドット|チューナー:地上デジタル、BS、110度CSチューナー、アナログ|入力端子:HDMI×2、D4×2、コンポジットビデオ×3|サイズ:幅78.1×奥行き29.7×高さ53cm|重量:16.2kg|発売時期:10月21日|予想実売価格:20万円前後
LCD-H32MX75
パネルサイズ:32V型ワイド|表示解像度:1366×768ドット|チューナー:地上デジタル、BS、110度CSチューナー、アナログ|入力端子:HDMI×2、D4×2、コンポジットビデオ×3|サイズ:幅78.1×奥行き29.7×高さ53cm|重量:16.7kg|発売時期:10月21日|予想実売価格:16万円前後
LCD-H20MX75B/-S/-R
パネルサイズ:20V型ワイド|表示解像度:1366×768ドット|チューナー:地上デジタル、BS、110度CSチューナー、アナログ|入力端子:HDMI×2、D4×2、コンポジットビデオ×3|サイズ:幅51.2×奥行き24.5×高さ41.4cm|重量:8.5kg|発売時期:10月1日|予想実売価格:10万円前後

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン