このページの本文へ

世界最小のスリムフレームを採用

三菱電機、xvYCCにも準拠したフルハイビジョン液晶テレビ“REAL”MZシリーズを発売

2007年03月14日 23時27分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

三菱電機(株)は14日、液晶テレビの新製品として、独自開発の高画質化回路“DIAMOND Engine PRO”を搭載し、“DIATONE”の音響技術を採用したフルハイビジョン対応の“REAL”MZシリーズを4月21日に発売すると発表した。ラインアップは、46Vインチの『LCD-H46MZ70』と40Vインチの『LCD-H40MZ70』の2機種。価格はオープン。編集部による予想販売価格は『LCD-H46MZ70』が43万円前後、『LCD-H40MZ70』が33万円前後。

“REAL”MZシリーズ(左が『LCD-H46MZ70』、右...
“REAL”MZシリーズ(左が『LCD-H46MZ70』、右が『LCD-H40MZ70』)

『LCD-H46MZ70』は、解像度が1920×1080画素のフルハイビジョンに対応した液晶パネルを採用し、フルハイビジョン液晶テレビテレビ向けに独自開発した高画質化回路“DIAMOND Engine PRO”や高級オーディオブランド“DIATONE”の音響技術を基にした独自開発の高音質化回路を搭載したのが特徴。動画用拡張色空間の国際規格“xvYCC”(IEC61966-2-4)にも準拠している。色域はNTSC比102%で、色の12軸(RGBYMCと各中間色)を独立して調整できる“ナチュラルカラーマトリックス”機能により、従来機種『LCD-H37MX60』の4倍の階調表現が行なえるという。暗いシーンでバックライトの照度を落とす“インテリジェント・バックライト・コントロール”や、黒つぶれ/黒浮きを抑える“ダイナミック・レベル・エクスパンダー”も搭載されている。

また、視聴者別の輝度/コントラストや、部屋の明るさに応じた輝度制御を行なう“家庭画質モード”も“家庭画質モードII”に強化されており、明るさを抑えた“ジュニア”モードや、明るいシーンではまぶくないように、暗いシーンでは暗すぎないように補正をかける“シニア”モードが用意されている。映像の遅延時間を短縮する“ゲームモード”も搭載されている。

オーディオ機能では、高さが15mmの狭いスピーカー開口部で高級スピーカーに近い音場を再現できるという“DIATONEリニアフェイズ”回路を搭載するほか、フロントスピーカーで5.1chサラウンドの音場を再現する“DIATONEサラウンド5.1”や、ヘッドフォンで5.1chサラウンド効果が得られる“DIATONEサラウンドHEADPHONE”などの機能も搭載されている。EPG(電子番組表)の番組タイトルや内容、予約状況などのさまざまな情報を音声で知らせる“しゃべるテレビ”機能や、人の話をゆっくり聞くことができる“声ゆっくり”や、CMに切り替わった際に音量を下げる“デジタルソフトトーン”などの親切音声モードなども用意されている。

コントラスト比は2000:1で、視野角は上下/左右178度。チューナーは地上/BS/110度CSデジタルを内蔵する。接続端子は、HDMI(1.3準拠)×2、D4×2、コンポジット/Sビデオ×3、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)などを装備する。スピーカーは6×12cmが2個、7cm径が2個。本体サイズは幅107.4×奥行き32.0×高さ73.6cm(スタンド装着時)で、フレームの幅を世界最小(46V/40V液晶テレビにおける同社調べ)の26.6mmにしたという。重量は32.4kg。消費電力の低減も図られており、消費電力は約290W(リモコン待機時0.3W、主電源オフ時0.0W)。

『LCD-H40MZ70』は、40Vインチの液晶パネルを搭載した機種で、本体サイズが幅93.9×奥行き32.0×高さ66.0cm(スタンド装着時)、重量が26.5kg、消費電力が約240Wになる。そのほかの表示機能など基本仕様は46Vインチモデルと同等。

“REAL”MXシリーズ(左から『LCD-H26MX70』、...
“REAL”MXシリーズ(左から『LCD-H26MX70』、『LCD-H37MX70』、『LCD-H32MX70』)

同時に、“家庭画質モードII”を搭載したハイビジョン液晶テレビ“REAL”MXシリーズも発売する。ラインアップは、37Vインチの『LCD-H37MX70』、32Vインチの『LCD-H32MX70』、26Vインチの『LCD-H26MX70』の3機種。価格はオープン。編集部による予想販売価格は、『LCD-H37MX70』が25万円前後、『LCD-H32MX70』が20万円前後、『LCD-H26MX70』が15万円前後。

『LCD-H37MX70』は、解像度が1366×768画素の液晶パネルを搭載し、入力信号の特性に合わせて画質/音質を調整する“オートジャンル適応画質・音質モード”などの機能強化を図った高画質化回路“DIAMOND EngineV”を搭載するほか、リモコンでテレビ画面の左右角度調整(±30度)が行なえる“オートターン”機能を搭載するのが特徴。上位機種同様、“DIATONEリニアフェイズ”回路や“家庭画質モードII”も搭載されている。チューナーは地上/BS/110度CSデジタルを内蔵する。入力端子はHDMI(1.2)×2、D4×2、アナログRGB(ミニD-Sub15)、S2+コンポジットビデオ×3(前面入力含む)などを装備する。消費電力は173W(待機時0.4W)。本体サイズは幅91.4×奥行き33.9×高さ68.1cm、重量は約20.0kg(スタンド装着時)。

『LCD-H32MX70』は、液晶パネルが32Vインチの機種で、そのほかの基本的な機能は37Vインチモデルと同等。消費電力は154W(待機時0.4W)。本体サイズは幅79.6×奥行き31.4×高さ60.9cm、重量は約16.8kg(スタンド装着時)。

『LCD-H26MX70』は、高画質化回路“DIAMOND EngineIV”と“家庭画質モード”を搭載したエントリーモデルとなる。入力端子はD4×2、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)、S2/コンポジットビデオ×3を装備する。消費電力は136W(待機時0.5W)。本体サイズは幅66.5×奥行き31.3×高さ53.2cm、重量は約12.6kg(スタンド装着時)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン