このページの本文へ

40MHz帯時代突入!実効スループット約153Mbpsの無線LANルータがバッファローからデビュー!

2007年07月06日 22時08分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 無線LANの実効スループットが約153Mbps(同社測定値)に達するという無線LANブロードバンドルータ「WZR-AMPG300NH」がバッファローから発売となった。無線LANカード単体の「WLI-CB-AMG300N」と両製品がセットになった「WZR-AMPG300NH/P」も同時に店頭に並んでいる。

「WZR-AMPG300NH/P」 「WZR-AMPG300NH」ポップ 電波法改正
無線LANの実効スループットが約153Mbps(同社測定値)に達するという無線LANブロードバンドルーター「WZR-AMPG300NH」(写真はセットモデルの「WZR-AMPG300NH/P」)。今年6月の電波法改正で開放された40MHzの帯域幅(デュアルチャネル)に対応。従来製品の“倍は速い”としているのが特徴

 「WZR-AMPG300NH」は、今年6月の電波法改正で開放された40MHzの帯域幅(デュアルチャネル)に対応し、理論値最大300Mbpsで無線通信できるというIEEE 802.11a/b/g/n(ドラフト1.0)準拠の無線LANブロードバンドルータだ。従来製品の“倍は速い”としているのが特徴で、2つのチャンネル(通信帯域)を使用して従来の2倍無線LANを高速化する機能“倍速モード”の場合、IEEE 802.11nドラフト1.0での接続では無線LAN実効スループットは約153Mbps(同社測定値)に達するという。なお、有線の実効スループットは約171Mbps(FTP)となっている。

「WZR-AMPG300NH/P」 「WZR-AMPG300NH/P」

 セキュリティー機能としては、WPA/WPA2、128bit/64bit WEP、Any接続拒否、プライバシーセパレータ、MACアドリスフィルタリングなどに対応。有線インターフェースとしてギガビットイーサネットを4ポート搭載する。付属ソフトの対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me/98 SE。販売しているのはT-ZONE.PC DIY SHOPで、価格は2万9800円。IEEE 802.11a/b/g/n(ドラフト1.0)対応無線LANカード単体の「WLI-CB-AMG300N」が1万800円、両製品がセットになった「WZR-AMPG300NH/P」が3万7800円となっている。PCの高速化という意味ではCPUやメモリ、HDD、VGAといった基幹パーツへの投資はもちろん重要だが、見方を少々変えてこの手のジャンルへの投資も考えると快適なPCライフが送れるかもかもしれない。

スループットは約153Mbps 「倍速モード」の場合 「WLI-CB-AMG300N」
従来の2倍無線LANを高速化する機能“倍速モード”の場合、IEEE 802.11nドラフト1.0での接続では無線LAN実効スループットは約153Mbps(同社測定値)に達する。PCの高速化という意味ではCPUやメモリ、HDD、VGAといった基幹パーツへの投資はもちろん重要だが、見方を少々変えてこの手のジャンルへの投資も考えると快適なPCライフが送れるかもしれない

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中