このページの本文へ

廉価版チップセット“i946GZ”採用のCore 2対応マザーがGigabyteから

2007年06月07日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨日、チップセットに“i945GC”を採用するLGA775対応マザーボード「GA-945GCMX-S2」を発売したGigabyteから、今度は“i946GZ”を搭載する「GA-946GM-DS2 rev.2.0」が登場している。

「GA-946GM-DS2 rev.2.0」
“i946GZ”を搭載する「GA-946GM-DS2 rev.2.0」。廉価版チップセット“i946GZ”を採用しながら、Gigabyte独自機能としてFSB1066MHzをサポートする

 製品コンセプトが安価なCore 2対応マザーボードという点は最近発売される同種のマザーボードと同じ。今回も“Q965”や“Q963”と同様に“Clear Video Technology”を省いた“GMA 3000”によるVGA機能をサポートする廉価版チップセット“i946GZ”を採用しながら、Gigabyte独自機能としてFSB1066MHzをサポートする(インテルとしてはFSB800MHzまでのサポート)。
 South bridgeは“ICH7”。フォームファクタはご覧の通りmicroATXで、拡張スロットの構成がPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2。メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-667/533/400、4GBまで)。VGAやサウンド(Realtek/ALC888 )、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111B)、Serial ATA II×4、UDMA ATA 100×1などを搭載している。価格はアークと高速電脳で1万3500円だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中