このページの本文へ

“SiS671+SiS968”搭載の安価なLGA775対応マザーがECSから発売に

2007年06月02日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ECSから、おそらく今回が初登場となるチップセット“SiS671+SiS968”を搭載したLGA775対応マザーボード「671T-M」が発売となった。Core2 Duoが搭載可能で、販売価格が約7000円という安価な製品だ。

SiS671
“SiS671”はDirectX 9対応グラフィックコア“Mirage 3”を内蔵したVGA機能統合型のチップセット。こちらも初登場となるSouth bridgeの“SiS968”とは、SiS独自のチップセット間インターフェイス“MuTIOL”により接続される

 “SiS671”はDirectX 9対応グラフィックコア“Mirage 3”を内蔵したVGA機能統合型のチップセット。こちらも初登場となるSouth bridgeの“SiS968”とは、SiS独自のチップセット間インターフェイス“MuTIOL(Multi-Threaded I/O Link)”により接続される。その他SiSのウェブサイトによると、対応CPUはCore 2 Duo/Pentium D/Pentium 4で、サポートFSBは800/533MHz(ただし今回の「671T-M」ではFSB1066MHzまでサポート)。メモリはシングルチャンネルのDDR2-667/533/400を2GBまで搭載可能としている。
 「671T-M」はシンプルmicroATXフォームファクタの製品で、拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2。メモリスロットはDDR2 DIMM×2でマニュアルによると最大4GBまで搭載可能としている。その他オンボードインターフェイスとしてVGAや6chサウンド、100/10Base-Tイーサネット、Serial ATA II×2(RAID 0/1)などを搭載している。価格はアークで6980円、ツクモパソコン本店IIで7180円となっている。

「671T-M」
“SiS671+SiS968”を搭載したLGA775対応マザーボード「671T-M」。Core2 Duoが搭載可能で、販売価格が約7000円という安価な製品だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中