このページの本文へ

3年ぶりのメジャーアップデート

シックス・アパート、GUIを刷新してCMS機能を強化した『Movable Type4』を発表

2007年06月05日 21時16分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シックス・アパート(株)は5日、ブログソフト“Movable Type”(ムーバブルタイプ)シリーズの最新版『Movable Type 4 日本語版』を7月中旬に発売すると発表した。また、それに先立つ形で、公開ベータテストを同日に開始した。

Movable Type 4 日本語版の記事登録画面。ベータ版のため、製品版と画面が異なる可能性がある

Movable Type 4 日本語版では、管理画面のデザインや操作性を大幅に改良。1クリックで複数のブログを切り替えたり、複数のブログに届いたコメント、トラックバックのフィルタリング処理を単一の画面で管理できるようにした。



拡張パックでさまざまな用途に対応可能


複数のプラグインを束ねた“パック形式での機能拡張にも対応する。これにより、従来用途に合わせて複数のエディションが用意されていたMovable Typeを1つのプラットフォームとして集約し、機能パックごとに必要な機能を取捨選択できるようになるという。

拡張パックは、Mobable Type Entepriseの次期バージョンとなる“エンタープライズ・パック”、コミュニティー機能を提供する“コミュニティー・パック”、マスメディアやビジネスブログをターゲットにした“パブリッシャー・パック”などの提供が、秋以降予定されている。



企業ブログやコミュニティー向けの機能も


Movable Type 4では、企業ブログなどに利用する際に便利なCMS(Contents Management System)関連の機能も強化。一般的なブログソフトで利用されている、投稿した記事を時間やタグでアーカイブ管理する方式のほか、通常のウェブページとしてフォルダーで管理する仕組みにも対応した。これは、会社情報や地図など更新頻度の低い情報の掲載などに便利だという。

ブログの切り替え機能
ブログの切り替えもプルダウンメニューで簡単に行なえる
一括管理機能
複数のブログに届いたエントリーやトラックバックを一括して管理できる(画面は英語版)

また、Open ID認証にも対応し、読者がブログのエントリーにコメントする際に基本情報の入力を省いたり、管理者が読者にエントリーの投稿権限を付与し、読者もブログに参加できるようにする機能なども提供される。さらに、コミュニティー・パックと合わせることで、記事の感想をフィードバックする“レーティング”機能や、人気のある記事の“ランキング表示”といった機能の利用も可能になるという。

Movable Type 4 日本語版の価格は1サーバー/5ユーザーで利用する、ビジネス向けの基本ライセンスパックが5万2500円。従来バージョンからのバージョンアップ基本ライセンスが2万1000円。1年間の技術サポート料金が1万500円など。個人向けに関しては従来同様無償ライセンスとなる。

発表会の様子。右が代表取締役の関信浩氏、左が製品企画担当執行役員の金子順氏

なお、今月5日から7月17日までにMobable Type 3を購入したユーザーは、無償でMobable Type 4にバージョンアップできる。Mobable Type 3の現行価格は3万1500円と、Movable Type 4の価格より安価なため、購入を検討しているユーザーは、現行バージョンからのアップグレードを検討してみるといいだろう。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン