このページの本文へ

F5ネットワークスがマイクロソフトと協業し、ネット監視アプライアンスを発表

2007年05月29日 19時04分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

5月29日、マイクロソフトとF5ネットワークスはネットワーク監視における協業を開始したと発表した。マイクロソフトは同社の運用管理ソフト「System Center Operations Manager 2007」をF5ネットワークスに提供し、管理アプライアンス「ControlPoint」を年末までに発売すると発表した。


F5製品のネットワーク上の状態を監視する


「顧客に求められる管理プラットフォームを迅速に提供するために、すでに実績のあるプラットフォームを採用することにした。30以上のベンダーを評価したが、マイクロソフトが他を圧倒していた」

 F5ネットワークスジャパン株式会社 シニアプロダクトマーケティングマネージャ 武堂貴宏氏は同社の管理アプライアンス「ControlPoint」に「System Center Operations Manager 2007」を採用した理由をこのように語った。

F5ネットワークスジャパン株式会社 シニアプロダクトマーケティングマネージャ 武堂貴宏氏
F5ネットワークスジャパン株式会社 シニアプロダクトマーケティングマネージャ 武堂貴宏氏

 同社はすでにF5製品向けの管理ツールとして「Enterprise Manager」を顧客に提供しているが、これは同社製品の設定の集中管理やステータス監視、アップグレードやパッチの配布など、管理の効率化のためのツールであった。これに対しControlPointは、デバイス間のネットワークを監視し、そのパフォーマンスのモニタリングやレポーティングに特化している。「トラフィック分散システムのBIG-IPは、その特性上すべての通信に関与するため、トラブルがあるとまず最初に原因として疑われた。ControlPointがあれば、原因の切り分けが容易になるため管理者の負担を軽減できる」(武堂氏)としている。

 また、System Center Operations Manager 2007用のアドオンとして、F5社製品用の「管理パック」を提供することもあわせて発表された。これにより、ControlPointを使わなくてもF5製品を監視することが可能になった。

 価格などはすべて未定とされているが、アプライアンスであるControlPointで「400万~500万円」(武堂氏)とされ、管理パックはそれよりも安価で提供されるとした。

カテゴリートップへ

ピックアップ