このページの本文へ

奥行きが短いコンパクトなMicroATXケースがSilverStoneから発売に

2007年05月23日 23時31分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週こちらでも紹介したSilverStone製の小型MicroATX対応PCケース「SST-SG03S」の販売が今日からスタートしている。従来のMicroATX対応PCケースと比較して奥行きが短いのが特徴となる。

「SST-SG03S」
SilverStone製の小型MicroATX対応PCケース「SST-SG03S」の販売が今日からスタート。カラーリングはシルバーとブラックの2つをラインナップする

 サイズが200(W)×360(H)×312(D)mmとなるアルミ製本体は、ご覧のように奥行きが短い。電源ユニットはマザーボードと並行になるように縦に搭載する仕組みで、ちょうど、横から見るとマザーと電源が重なって見えるような格好となる。3.5インチのオープンベイはフロント下部にこちらも縦に搭載。5インチベイは上段に1基搭載されているほか、3.5インチシャドウベイはケース底面に2基並ぶように用意されている。
 メッシュ状のフロントパネル背面には120mm角(1200rpm/21dB)ファンを1基装備。オプションとなるが120mm角ファンをもう1基装着可能だ。カラーリングはシルバーとブラックの2つをラインナップ。価格は高速電脳で1万7900円、USER’S SIDE秋葉原本店で1万8690円となっている。

「SST-SG03S」
3.5インチのオープンベイはフロント下部に縦に搭載。5インチベイは上段に1基搭載されている。また3.5インチシャドウベイはケース底面に2基並ぶように用意されている。取り付け時は、底面を外して装着する仕組みだ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中