このページの本文へ

クーラーマスター製PCケース“CM Stacker”にカラフルモデルが加わる!

2007年04月26日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスター製の人気PCケース“CM Stacker”シリーズに新モデルが登場した。大きく分けて2つのラインナップが用意される。

「CM Stacker 831 600W」は「CM Stacker830 Evolution」のバリエーションモデルという位置づけの製品。お馴染みのブラックとシルバーに加え、ブルー/グリーン/レッド/ホワイト/オレンジ(5月入荷予定)というカラフルなラインナップを揃える

 「CM Stacker 831 600W」は「CM Stacker830 Evolution」のバリエーションモデルという位置づけの製品。お馴染みのブラックとシルバーに加え、ブルー/グリーン/レッド/ホワイト/オレンジ(5月入荷予定)というカラフルなラインナップを揃えるのが特徴だ。HDD搭載部は標準で120mmファン搭載の「4-in-3 Device Module」が1個付属。さらにこちらも標準仕様として同社製の電源ユニット「iGreenPowerEMI 600W」を搭載済みだ。その他、アルミ製の筐体はサイズ250(W)×536(H)×638(D)mm。ベイ数は5インチ×9、3.5インチシャドウ×4、3.5インチ×1。フロントとリヤに120mm角ファンを1基装備。価格はツクモケース王国で4万7500円、高速電脳で4万9875円だ。

HDD搭載部は標準で120mmファン搭載の「4-in-3 Device Module」が1個付属。さらにこちらも標準仕様として同社製の電源ユニット「iGreenPowerEMI 600W」を搭載済み

 「CM Stacker810」は11段5インチオープンベイ仕様のフルタワーデザインはそのままに、E-AXT/ATX/MicroATXのみ対応(BTX対応が省かれた)に変更されたマイナーチェンジモデル。内部は上面後部に80mm角排気ファン1基(1800rpm/22dB)、背面排気120mm角ファンが2基(1200rpm/22dB)搭載となり、電源は底面配置のみへとなっている。本体はアルミ製フロントパネル+スチール製で、サイズは584(L)×227(W)×536(H)mm。カラーリングはブラックとシルバーの2色で、価格はツクモケース王国とTSUKUMO eX.で2万4800円、高速電脳で2万5200円となっている。

「CM Stacker810」は11段5インチオープンベイ仕様のフルタワーデザインはそのままに、E-AXT/ATX/MicroATXのみ対応(BTX対応が省かれた)に変更されたマイナーチェンジモデル。本体はアルミ製フロントパネル+スチール製で電源は底面配置のみへとなっている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中