このページの本文へ

特集記事

え~ぶい!

え~ぶい!

貯金をためて、素晴らしい機器を手に入れた! で何見るのアニメでしょ!? というわけで素晴らしい機器には素晴らしいコンテンツ。俺たち基準で選んだ最高のBDやCDを聴いて楽しんで、盛り上がっちゃう、俺得企画の始まりだ。

2015年01月08日 13時00分更新

文● ASCII.jpアニメ同好会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • ハイレゾでアニソン、オレたちならこれを聴く[2014年版]

    2015年01月08日 13時00分

    野村ケンジ・鳥居一豊の両氏に聴いた、“楽しめる”注目曲

    第5回   ハイレゾでアニソン、オレたちならこれを聴く[2014年版]

    2014年はハイレゾ配信への注目度が大きく高まった1年だった。配信楽曲数も飛躍的に増え、24bit/96kHzだけでなく24bit/192kHz、あるいはDSDなどさまざまなフォーマットも増えている。そしてこのブームを生むために、アニソンが果たした役割は大きい。では何を聴いたらいい? そんな疑問にアニソン大好きなライター陣がお答えします。

  • やっぱりすごい! ガルパンOVAの「センシャラウンド改」を体験

    2014年08月20日 17時00分

    真のアンツィオ戦は見どころ満点、4.1chで劇場の興奮を自宅でも

    第4回   やっぱりすごい! ガルパンOVAの「センシャラウンド改」を体験

    OVA『ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』のBD/DVDが7月25日に発売となった。お目当ては何といっても4.1chの「センシャラウンド改方式」。さっそく鳥居一豊氏の視聴ルームで劇場級音響の再現に挑戦だ!

  • 試練か至福か!? ラブライブ!で俺たちの耳力を判定

    2013年12月05日 11時00分

    Studio Aでいろいろな音の違いを試した

    第3回   試練か至福か!? ラブライブ!で俺たちの耳力を判定

    気付いたら、ハイレゾが大きな話題を集める時代がやってきた。ちょっと“通”になった気分の編集者。しかし、機器の性能以前に、お前らの耳の性能どうなのよ? という疑問が生じるのもまた事実だ。

  • K-ON!、ハルヒ、そしてNegicco、アナログ盤も結構楽しい!

    2013年12月02日 11時00分

    平成生まれがアナログ再生デビュー

    第2回   K-ON!、ハルヒ、そしてNegicco、アナログ盤も結構楽しい!

    いまや音源はデジタル化された状態で手にするのが当たり前だが、手ざわり、重さなど、物理的なパッケージと一緒にあるからこそ得られる魅力もある。というわけで、アナログレコードを体験してみたい。

  • ガールズ&パンツァーは、観るのはもちろん音を聞け

    2013年05月29日 11時00分

    腹に響く戦車の振動を再現する、センシャラウンド方式

    第1回   ガールズ&パンツァーは、観るのはもちろん音を聞け

    臨場感ある戦車の表現には“音”が重要。そして、本当の戦場は、きっと“うるさい”。そんなマニアの期待に応えるべく、ガールズ&パンツァーは2.1chのセンシャラウンド方式と呼ばれる音を収録している。このシステムでガルパンを堪能、きっとテンションも上がるはずだ!

カテゴリートップへ

秋の「鉄板ヘッドフォン」購入ガイド

ピックアップ