このページの本文へ

ASCII Power Review ― 第10回

毎日持ち歩ける超巨大&超軽量モバイルノートPCなのだった

LG gram 17実機レビュー = 世界初の17インチ・モバイルノートなのだっ!!

2019年02月08日 22時30分更新

文● 写真 ジャイアン鈴木 + 編集● PowerReview軍団

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 モバイルノートPCというと11~13インチあたりがボリュームゾーン。15インチクラスだとちょっと重いかなーと感じることが多い。たとえば15インチMacBook Proだと1.83kgと毎日バッグに入れて持ち運ぶモバイルノートPCとしては躊躇する重さだ。

 そんななか、大画面と軽量性を両立させて、いま注目を集めているというか、個人的にもほしまっているモバイルノートPCが、17インチディスプレイを約1340gの軽量ボディーに搭載したLGエレクトロニクスのWindowsノートPC「LG gram 17Z990シリーズ」だ!

「LG gram 17Z990シリーズ」実売価格20万円前後~

13、14、15インチモデルも用意、
Thunderbolt3端子搭載モデルも!

13、14、15に比べると一段と大画面な17インチです

 LG gram 17Z990シリーズには、Core i5-8265U/8GBメモリ(DDR4-2400MHz)/256GB SSD(M.2 SATA)を搭載する「17Z990-VA56J」、Core i7-8565U/8GBメモリ(DDR4-2400MHz)/512GB SSD(M.2 SATA)を搭載する「17Z990-VA76J」の2モデルが用意。ディスプレイはどちらも17インチのWQXGA IPS液晶(LGエレクトロニクス製)が採用されている。

本体天面。ボディーはマグネシウム合金製で、MIL-STD 810Gをクリアーする高い堅牢性が確保されている

 2018年モデルにはこのほかに、13.3インチの「LG gram 13Z990シリーズ」が3機種、14インチの「LG gram 14Z990シリーズ」が3機種、15インチの「LG gram 15Z990シリーズ」が3機種用意。13.3/14/15/17インチのすべてに8GBメモリが搭載され、Core i5-8265U/256GB SSD版とCore i7-8565U/512GB SSD版がラインナップされている。

 スペックが大きく異なるのは解像度。17インチモデルは前述の通りWQXGA(2560×1600ドット)だが、13.3/14/15インチモデルはフルHD(1920×1080ドット)だ。なお15インチモデルのみ、Core i7版にタッチスクリーンモデルが用意されている。

本体底面。ネジ穴はゴム足やフタなどで隠されている

 もうひとつスペックが大きく異なるのはインターフェース。13.3/14/15インチモデルのCore i5版はUSB 3.1 Gen 2 Type-C端子が採用されているが、13.3/14/15インチモデルのCore i7版と17インチモデルにはThunderbolt3端子が採用されている。

 Thunderbolt3専用周辺機器がそれほど多くない現状は、基本的にCPUとストレージ容量、ディスプレイサイズで選んで差し支えないが、Thunderbolt3対応高速外付けストレージを接続したり、5Kディスプレイに映像出力したいのなら、Thunderbolt3端子搭載モデルを選択しよう。

実測重量はなんとカタログ値を下回る1294g。かる!

 本体サイズ/重量は13.3インチモデルが305.9×211.8×15.5mm/約965g、14インチモデルが323.4×211.8×16.5mm/約995g、15インチモデルが357.6×228.4×16.8mm/約1099g(タッチスクリーンモデルは1109g)、17インチモデルが380.6×265.7×17.4mm/約1340g。

上から13.3、14、15、17インチモデル。右側面のUSB3.0端子は、13.3、14インチモデルはひとつ、15、17インチモデルはふたつ搭載されている

 そしてバッテリー駆動時間は13.3インチモデルが約28時間、14インチモデルが約27時間、15インチモデルが約24時間(タッチスクリーンモデルは20時間)、17インチモデルが約22時間となっている。バッテリー容量はすべてのモデルで72Whとなっているので、ディスプレイのサイズ差によってバッテリー駆動時間が変化しているわけだ。

本体右側面。左からmicroSDカードスロット、ヘッドフォン出力、USB3.0×2、セキュリティースロットを配置
本体左側面。左から電源端子、USB3.0、HDMI、Thunderbolt3を用意
付属品は、ACアダプター、電源ケーブル、有線LANアダプター。マニュアルは貸出機には入っていなかった

この特集の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!