このページの本文へ

窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』第66回

某メーカー都合で1ヵ月もかけた偉い人用資料が無駄に

2018年01月31日 17時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 資料。それは相手に何かを説明するときに、視覚的に把握させ、より理解を深めるためのもの。それだけに「わかりやすさ」が求められます。

 が、

 資料を見せる相手によっては、「この言葉が嫌い」だの、「ネガティブな要素(いわゆる『できない』や『難しい』などの否定的な言葉)が嫌い」だのが発生することがあります。特に「メーカーさん向けの発表資料」でかつ「メーカーさんの偉い人に対するプレゼンテーション」。いわゆる「超重要会議向けの発表資料」です。

 メーカーさんの期待はあれども、できないこともある、が、「できない」って言っちゃうと、そこでメーカーさんを「がっかり」させてしまうことがある……。この「がっかり」が先々のビジネスに影響することもあるので、発表資料の内容と書き方にはかなり気を使います。

 ウソはつけない、が、絶対とも言えない。

 この微妙なニュアンスを、うまく日本語にし、かつ資料にまとめるのがかなり難しかったりします。そのためになにをするか?

 会議1ヵ月半くらい前から、メーカーの担当さんと入念に資料を作りこむ。

 これがまったかなりHP(体力)とMP(精神力)を使うのでして……。しかもそれが1ヵ月超ですよ? 結果出来上がる密な資料の内容と、それに要したたくさんの時間!

 が、そのオチがとんでもないことになってしまった事件です。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!