このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第131回

究極の俺得アプリかそれともハープ業界の革命か

グランドハープを再現した「Handy Harp」は誰のために?

2013年10月19日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回は本物のグランドハープを見にCBCラジオへ

 作曲家・光田康典率いるプロキオン・スタジオ開発、そして佐野電磁社長のデチューンが販売するiOSアプリ「Handy Harp」。その名の通りハープのアプリである。サイトの説明文によれば、こんな感じらしい。アプリの紹介動画と合わせてどうぞ。




 「グランドハープのペダルの、あの複雑な動きと働きをあますところなく再現。 それぞれのペダルをスライドさせると、音程の変化を聴くことはもちろん、ディスクの回転も見ることができます。コードネームやスケールを指定すればペダル設定を瞬時に表示、ピアノ鍵盤には異名同音を明確に表示、そして弦をスライドすると美しいグリッサンドが奏でられます」

 えーと、何だかサッパリワカリマセーン! だって「ペダル」だの「ディスク」だのと言われても、見たことも触ったこともないですから。そもそも私のような一生を平々凡々と暮らし、あっという間に死んでゆく平民にとって、縁遠い楽器の最たるもの、それがグランドハープ。

Handy Harpのプレイヤー画面。上の弦らしき部分を触ると音が出るので、誰でも鳴らせると言えば鳴らせるが、その他のものは何のために付いているのか、ハープを知らない人間にはさっぱり意味が分からない

 しかし、あの光田さんが作ったからには、それなりの理由があるに違いない。このアプリの開発は、光田さんが普段レコーディングで一緒に仕事されているハープ奏者、朝川朋之さんがSNSに上げた一枚の画像から始まったらしいのである。

 そこで我々は、光田さんがゲスト出演されるという、10月12日のCBCラジオ「電磁マシマシ」オンエア前のスタジオにお邪魔し、やはりこの日に出演される朝川さんと、彼のグランドハープ到着を待っていたのだった。ぜひハープの実物を見て、その音が聴きたい。そして知りたい、このアプリの意味がどこにあるのかも。

※ 電磁マシマシは毎週土曜21:00から放送中。この番組はUstreamでもサイマルキャストしているので、実は全世界で聴けるのだ(Ustはこちら)

Handy Harp App
価格1200円 作者DETUNE Ltd.
バージョン1.0.1 ファイル容量100.6 MB
カテゴリーミュージック 評価(無し)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.1以降

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン