このページの本文へ

特集記事

Software Definedの未来は?EMC World 2013レポート

Software Definedの未来は?EMC World 2013レポート

ラスベガスで行なわれた「EMC World 2013」の基調講演や最新トピックを現地からレポート。Software-Defined Storageは?Pivotalの正体とは?そして気になるオールフラッシュストレージは? これを読めばすべてがわかる

2013年05月09日 12時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • 重複排除やスナップショット前提のXtremIOのアーキテクチャ

    2013年05月09日 12時00分

    いよいよ登場するEMC初のオールフラッシュアレイの実力とは?

    重複排除やスナップショット前提のXtremIOのアーキテクチャ

    昨今のストレージの大きなトレンドがフラッシュであることは間違いない。今回のEMC Worldでもフラッシュ製品への取り組みを披露するセッションが行なわれ、正式発表間近のオールフラッシュストレージ「XtremIO」のアーキテクチャが披露された。

  • RSAが考えるビッグデータとIoT時代の“不都合な真実”

    2013年05月09日 06時00分

    第3のプラットフォームのリスクと脅威とは?

    RSAが考えるビッグデータとIoT時代の“不都合な真実”

    EMC World 2013の3日目、プレスイベントに登壇したEMC RSA部門のアート・コビエロ氏は、クラウド、ビッグデータ、モバイル、ソーシャルを前提とした「第3のプラットフォーム」におけるセキュリティリスクとその対策について講演した。

  • ポール・マリッツCEOが語る第3のEMCカンパニーPivotalの野望

    2013年05月08日 10時00分

    ビッグデータアプリケーションの苗床を開発中

    ポール・マリッツCEOが語る第3のEMCカンパニーPivotalの野望

    EMC World 2013の2日目の基調講演においてCEOのジョー・トゥッチー氏に引き続いて登壇したのが、PivotalのCEOであるポール・マリッツ氏だ。マリッツ氏は、EMC、VMwareとともに第3のEMCカンパニーとなったPivotalの戦略を存分に語り尽くした。

  • クラウドスケールのデータセンターを実現するViPRの強み

    2013年05月08日 06時00分

    垂直統合型システムのメリットをストレージにも?

    クラウドスケールのデータセンターを実現するViPRの強み

    EMC World 2013初日の夕方に行なわれたEMC プレジデント兼COOであるデビッド・ゴールデン氏の基調講演では、「Software-Defined Storage」というそのものずばりのタイトルが付けられていた。

  • ポストペイパル世代が切り開くアプリケーションの未来

    2013年05月07日 22時00分

    EMC、RSA、Pivotalのエクゼクティブがディスカッション

    ポストペイパル世代が切り開くアプリケーションの未来

    5月6日、米国ラスベガスのサンズコンベンションセンターにおいて「EMC World 2013」がスタートした。初日のGlobal Summitの基調講演では、「新世代アプリケーション」の台頭についてパネルディスカッションを行なわれた

  • EMCの「ViPR」はデータセンターのユニバーサルリモコンか?

    2013年05月07日 08時30分

    Software Defined Storageを実現する新ソフトウェアの正体

    EMCの「ViPR」はデータセンターのユニバーサルリモコンか?

    5月6日からラスベガスでスタートした「EMC World 2013」の目玉は、クラウドやビッグデータを見越した運用管理ソフトウェアだ。「ViPR(ヴァイパー)」と呼ばれる新プラットフォームでは、Software Defined Storageの実現を標榜し、異なるワークロードやマルチベンダーを統合的に扱えるという。

ピックアップ