このページの本文へ

国内70拠点以上のデータセンター間をAPNで接続、AIや映像など大容量・低遅延ニーズに応える

NTT Com、IOWN APNの専用線サービスを提供開始

2024年02月29日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、2024年2月29日、IOWN構想に基づいた都道府県間を跨ぐ新たな通信サービス「APN(オールフォトニクス・ネットワーク)専用線プラン powered by IOWN」を、3月1日より提供開始することを発表した。

 同サービスは、ユーザーの既存設備やニーズに合わせた多様な伝送プロトコルを収容可能な「OTU4」をユーザーインターフェイスに採用し、イーサネットやSDH(Synchronous Digital Hierarchy)などの多重収容が可能な通信サービス。NTT Comの国内70拠点以上のデータセンター間などを同サービスで接続でき、クラウド事業者やISPなどの大容量バックボーンやプラットフォーム構築のニーズに、高い品質で対応できるという。

「APN専用線プラン powered by IOWN」のデータセンター間接続のイメージ

 また、合わせて提供開始する端末装置と共に利用することで、エンド・ツー・エンドでの遅延の可視化・調整が可能になる。これにより、遠隔地の会場間をリアルタイム映像で結ぶことや、遠隔地の工場での精密な機械操作、多拠点のCAD設計業務の連携、遠隔医療などにおいて活用が期待できるとする。

 さらにNTT Comは、2025年度内に、新たな通信設備の導入とSoftware-Defined技術の活用によって、さらなる大容量・低遅延・低消費電力通信を迅速かつ柔軟に、リーズナブルな料金で提供するAPN通信サービスの実現を目指す。具体的には、400Gbps以上品目の提供や、ポータルによるオンデマンド増速機能などを順次提供する予定だ。

 加えて、高発熱サーバー対応の超省電力データセンターである「Green Nexcenter」との接続を加速することで、生成AIなどのGPU利用に必要な電力量を大幅に削減、グリーントランスフォーメーションにも貢献していくという。また、APN通信サービスの特性を活かし、データセンター間通信の遅延値を削減して、地域へのデータセンター分散にも対応していく。

カテゴリートップへ