もちろんGeForce RTX 4090も入ってます

ASUS「ROG Zephyrus Duo 16」実機レビュー = Ryzen 9 7945HXで爆速2画面ゲーマーPCだ!

文●写真 ジャイアン鈴木 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSが春モデル最高峰のマシンとして投入したのが「ROG Zephyrus Duo 16 (GX650PY)」だ。エンジンには最新世代&最上位の16コア32スレッド、最高5.4GHz動作CPU「AMD Ryzen 9 7945HX」と、dGPU「NVIDIA GeForce RTX 4090 Laptop GPU」を採用している。

 さらに、リフレッシュレート240Hzで、mini LEDバックライトを採用した16型メインディスプレーと、14型のセカンドディスプレーを搭載で、現状考えうる最高スペックをつぎ込んだゲーミングノートPCに仕上げられている。

 最高スペックのマシンを欲しているのなら、迷いようもないほどの1台なのだ。

ASUS JAPAN「ROG Zephyrus Duo 16」65万9000円

CPUとGPUは最高クラス
Dolby Vision&Atmos対応でAV機能も万全だ

 「ROG Zephyrus Duo 16」に用意されているのは1モデルのみ。OSは「Windows 11 Home 64ビット」、CPUは「AMD Ryzen 9 7945HX」(16コア32スレッド、最大5.4GHz、TDP55W、5nmプロセス)、ディスクリートGPUは「NVIDIA GeForce RTX 4090 Laptop GPU」を採用。

 メモリーは32GB(16GB×2、SODIMMスロット×2、最大64GB)、ストレージは2TB(PCIe Gen4 x4接続SSD)を搭載している。

 ディスプレーは、メインに16型TFTカラー液晶で2560×1600ドット、16:10、240Hz、1200cd/m²、1024ディミングゾーンmini LED、Pantone認証、Dolby Vision対応、タッチ非対応。

 セカンドに14型TFTカラー液晶で3840×1100ドット、60Hz、タッチ対応、ペン対応を搭載。

 メインディスプレー上部には207万画素赤外線(IR)カメラと3Dアレイマイクが内蔵されている。スピーカーは2W×6基構成で、Dolby Atmosに対応している。

 インターフェースは、USB 3.2 Gen2 Type-C(データ転送、映像出力、給電対応)、USB 3.2 Gen2 Type-C(データ転送、映像出力、給電非対応)、USB 3.2 Gen2 Type-A×2、HDMI 2.1、有線LAN(2.5GBASE-T)、microSDカード、コンボジャックを装備。ワイヤレス通信はWi-Fi 6E(11ax)とBluetooth 5.1をサポートしている。

 キーボードは82キーの英語配列で、オールキーRGBイルミネート仕様。タッチパッドにはテンキー用LEDが浮かび上がるASUS独自の「NumberPad」を採用している。

 本体サイズは355×265.9×30mm、重量は約2.69kg。90Whのリチウムポリマーバッテリーを内蔵しており、バッテリー駆動時間は約4.5時間、バッテリー充電時間は約1.8時間だ。

 現行ノートPC最高峰のパフォーマンスを実現し、デュアルディスプレーを搭載していることから大容量バッテリーをもってしてもバッテリー駆動時間は短め。しかし、USB Type-Cのひとつが本体へ給電可能なので、対応バッテリーを組み合わせれば屋外での長時間運用も可能となる。

本体天面はフラット。「ROG(Republic of Gamers)」のロゴが紫色と青色のグラデーションで刻まれている。角度によって色が変わって美しい

本体底面。大型の空冷ファンが透けて見える。

メインディスプレーは16型TFTカラー液晶2560×1600ドット、セカンドディスプレーは14型TFTカラー液晶3840×1100ドットとなった。

キーボードは82キー英語配列のオールキーRGBイルミネート仕様

本体背面には有線LAN(2.5GBASE-T)×1、USB 3.2 Gen2 Type-A、HDMI 2.1を用意

右側面にはUSB 3.2 Gen2 Type-C、左側面には電源端子、USB 3.2 Gen2 Type-A、USB 3.2 Gen2 Type-C、microSDメモリーカード、コンボジャックを配置

メインディスプレーの最大展開角度は実測130度、セカンドディスプレーの最大展開角度は実測165度

セカンドディスプレーと本体の間に大きなすき間を作る「Active Aerodynamic System Plus 2.0(AAS+ 2.0)」により、本体内部の発熱を効率的に発散している

パッケージには本体、ACアダプター、電源ケーブル、紙製スタンド、パームレスト、説明書類が同梱

ACアダプターのコード長は実測120cm、電源ケーブルの長さは実測180cm

ACアダプターの型番は「A22-330P1A」。仕様は入力100-240V~4.4A、出力20V 16.5A、容量330W

本体の実測重量は2677g

ACアダプターと電源ケーブルの合計重量は実測1128g

付属する紙製スタンド、パームレストを組み合わせると、ディスプレーを立てたスタイルで利用できる

メインとセカンドが一体化して見える
デュアルディスプレーの完成形

 本製品最大の特徴はなんと言ってもデュアルディスプレー。メインに16型TFTカラー液晶(2560×1600ドット)、セカンドに14型TFTカラー液晶(3840×1100ドット)が搭載されており、メインディスプレーを開くと同時にセカンドディスプレーもリフトアップする。

 セカンドディスプレーの上端がメインディスプレーの下ベゼルにかかり、まるで1枚の大きなディスプレーのように見えるのだ。また、リフレッシュレートが240HzでDolby Visionにも対応しているので、ゲーミングディスプレーとして滑らか、かつ臨場感豊かにグラフィックを表示できるのもポイントだ。

 ただし、メインディスプレーは「Nebula HDRディスプレイ」と名付けられており、バックライトはmini LEDで、輝度は1200cd/m²となっている。両方とも最大輝度に設定するとメインディスプレーのほうが明るく表示されるので、見た目を揃えたい場合にはある程度の調整が必要だ。

 なおメインディスプレーの色域についてカラーキャリブレーション機器「i1Display Pro」と色度図作成ソフト「ColorAC」で実測したところ、sRGBカバー率は99.9%、AdobeRGBカバー率は92.3%、DCI-P3カバー率は99.4%となった。セカンドディスプレーについては色域を計測できなかった。

メインディスプレー、セカンドディスプレーともに最大輝度で同じ画像を表示すると、メインディスプレーのほうが明るく表示される

メインディスプレーで実測したsRGBカバー率は99.9%、sRGB比は142.2%、AdobeRGBカバー率は92.3%、AdobeRGB比は105.4%、DCI-P3カバー率は99.4%、DCI-P3比は104.9%

 なおメインディスプレーはタッチ非対応だが、セカンドディスプレーはタッチ操作に対応している。また「Surfaceペン」で筆記できることを確認できた。記事執筆時点のスペック表に記載はなかったが、Microsoft Pen Protocol対応のスタイラスペンであれば利用可能であると思われる。

セカンドディスプレーはタッチ対応。また「Surfaceペン」での筆記を確認できた

 キーボードのキーピッチは実測19mm、キーストロークは1.7mm。ボディー底面にゴム足があるおかげか、強く打鍵してもキーボード面全体が非常に安定しており、剛性感も高い。深めのキーストロークのおかげで打鍵感も良好だ。英語配列ということで人によっては慣れが必要だが、大量のテキスト入力も快適なキーボードと感じた。

キーピッチは実測19mm前後

キーストロークは1.7mm

 またASUSのノートPCではおなじみのテンキー表示をオンオフできるタッチパッド「NumberPad」を採用。表計算ソフトなどで大量に数字入力する際に重宝する。タッチパッドのクリック感も心地よかった。

左上のマークにタッチするとテンキーが表示されるタッチパッド「NumberPad」を採用。数字を素早く入力できる

 ウェブカメラは207万画素と高解像度であるだけでなく、RGBカメラとIRカメラが独立しており、室内灯下でも明るく、自然な発色で撮影できる。RGBとIRのハイブリットカメラとは雲泥の差だ。今回HDRをオンオフして撮影してみたが、「カメラ」アプリでHDRを有効にする必要性をまったく感じないほど、素の画質がよかった。

ディスプレー上部には207万画素赤外線(IR)カメラと3Dアレイマイクが内蔵

「Windows 11」の「カメラ」アプリで撮影(HDRオフ)

「Windows 11」の「カメラ」アプリで撮影(HDR proオン)

Ryzen 9 6900HXの2.5倍速!!
ゲーミングノートPCとして最高クラスのパフォーマンスを発揮

 さてお待ちかねのベンチマーク結果を見てみよう。まずCPU性能だが、「CINEBENCH R23」のCPU(Multi Core)は34867pts、「CINEBENCH R20」のCPU(Multi Core)は13629ptsを記録した。

 「AMD Ryzen 9 6900HX」(8コア16スレッド、最大4.9HGz、TDP45W、6nmプロセス)と「NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti Laptop GPU」を搭載する「ROG Strix G17 G713 G713RW-R96R3070T」(以下、ROG Strix G17)はR23が14320pts、R20が5594ptsだった。

 ROG Zephyrus Duo 16は約243%、約244%相当のスコアを記録したことになる。コア数スレッド数が倍に増え、最大ブーストクロックも4.9GHzから5.4GHzに向上しているので、その差がストレートに表われた結果だ。

「HWiNFO64 Pro」で取得したシステムの概要

ベンチマークは「Armoury Crate」で動作モードをTurbo、GPUモードをUltimateに設定して実施している

「CINEBENCH R23」のCPU(Multi Core)は34867pts、R20は13629pts

 3Dグラフィックス性能については、「3DMark」のTime Spyは18087、Fire Strikeは40462、Port Royalは12549となった。ROG Strix G17はTime Spyが10916、Fire Strikeが25842、Port Royalが6971だったので、ROG Zephyrus Duo 16は約166%、約157%、約180%相当のスコアを記録したことになる。

 ROG Strix G17がRTX 4090、ROG Zephyrus Duo 16がRTX 3070 Tiを搭載しているので当然の結果ではある。しかしRTX 4090搭載機がAAAタイトルを高画質設定で軽々動作させられる3Dグラフィックス性能を備えていることは証明できたわけだ。

「3DMark」のTime Spyは18087、Fire Strikeは40462、Wild Lifeは104517、Port Royalは12549

「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK ver 1.3」(標準品質、1920×1080ドット、フルスクリーン)のスコアは21470(非常に快適)

 ストレージ速度については「CrystalDiskMark 8.0.4」のシーケンシャルリード(SEQ1M Q8T1)は7403MB/s、シーケンシャルライト(SEQ1M Q8T1)は6616MB/sとなった。ROG Zephyrus Duo 16にはノートPC用としては最高クラスのCPUとディスクリートGPUが搭載されているが、それにふさわしい速度のストレージが装備されていることになる。

試用機にはPCIe Gen4 x4接続SSD「HFS002TEJ9X101N」が搭載されていた

「CrystalDiskMark 8.0.4」のシーケンシャルリード(SEQ1M Q8T1)は7403MB/s、シーケンシャルライト(SEQ1M Q8T1)は6616MB/s

 バッテリー駆動時間については、メインディスプレー、セカンドディスプレーともに輝度を40%に、ボリュームを40%に設定してYouTube動画を連続再生したところ、2時間41分動作した(動作モードはサイレント、GPUモードはスタンダード)。やはり最大パフォーマンスを発揮させるためにも、基本的にはACアダプターに接続して利用するマシンと考えたほうがよさそうだ。

ROG Zephyrus Duo 16は
パフォーマンス、使い勝手の両面で最高峰のマシンだ

 ROG Zephyrus Duo 16のCPU、GPU性能はゲーミングノートPCのなかでトップクラス。Dolby Visionに対応した240Hzメインディスプレー、Dolby Atmosをサポートした6スピーカーシステムのクオリティーも申しぶんない。

 そしてセカンドディスプレーには別アプリを表示させておくことで、どんな場所でもデュアルディスプレー環境の恩恵を受けられる。

 あえて不満を挙げるならバッテリー駆動時間だが、前述のとおり対応モバイルバッテリーなどと組み合わせればカバーできる。パフォーマンスにおいても、使い勝手においても最高のマシンを手に入れたいのなら、まさにROG Zephyrus Duo 16が筆頭の1台だ。

 

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月