GeForce GTX 1650搭載のGIGABYTE製ビデオカード「GV-N1656OC-4GL」、CFD販売より12月9日に発売

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「GV-N1656OC-4GL」

 シー・エフ・デー販売は12月2日、GIGABYTEブランドの新製品として、NVIDIA GeForce GTX 1650搭載のビデオカード「GV-N1656OC-4GL」を発表した。実売価格は2万8600円前後の見込みで、12月9日に発売する。

 GV-N1656OC-4GLは、GIGABYTEのカスタム設計によるデュアルファンを搭載し、効果的にグラフィックボードを冷却し、熱によるパフォーマンスの低下を抑えるという。また、幅が167mmでロープロファイルに対応し、スリムPCや小型システムへのアップグレードに最適としている。ロープロファイルブラケットも付属する。

 さらに、低RDS(on)のMOSFET、メタルチョーク、低ESR個体コンデンサーにより耐久性を高めた「Ultra Durable 2」を採用している。

 コアクロックは1620MHz、メモリークロックは1万2000MHz、メモリービット幅は128bit、メモリーサイズは4GB、メモリー規格はGDDR6。出力ポートはDisplayPort 1.4、HDMI 2.0b×2、DVI-Dを搭載する。

ロープロファイルモデル

「Ultra Durable 2」を採用

過去記事アーカイブ

2023年
01月
02月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月