前へ 1 2 3 4 5 次へ

高負荷時でもGPU温度65度未満の強力冷却!

GIGABYTEのAORUS GeForce RTX 4080 16GB MASTERは狙い目OCモデル

文●松野将太 編集●ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2022年11月16日、各社からNVIDIAの最新GPU「GeForce RTX 4080」を搭載したビデオカードが登場した。GIGABYTEは現時点で3モデルをリリースしている。「AORUS GeForce RTX 4080 16GB MASTER(型番:GV-N4080AORUS M-16GD)」は、最も動作クロックが高いファクトリーオーバークロック(以下、OC)モデルだ。

AORUS GeForce RTX 4080 16GB MASTER(型番:GV-N4080AORUS M-16GD)。実売価格は25万9600円前後

 実売価格は25万9600円前後と高価だが、GeForce RTX 4080搭載カードのほとんどが25万円近く、あるいはそれ以上の価格設定だ。ゆえに、ファクトリーOCモデルはそれになりのお値段になってしまうのだが、問題はそれに見合う価値があるのかどうかだ。まずはスペックや写真を中心に、AORUS GeForce RTX 4080 16GB MASTER(以下、GV-N4080AORUS M-16GD)の特徴をチェックしていこう。

 GV-N4080AORUS M-16GDは、GIGABYTEのゲーミングブランドである「AORUS」に属する。同社の現行3モデルの中では最上位に位置し、ファクトリーOCでGPUのブーストクロックが2550MHz(Founders Editionは2505MHz)に引き上がっている点が大きな特徴となる。

「GPU-Z」で取得したGPU情報。ベースクロックはFounders Editionと同じく2205MHzだが、ブーストクロックは2550MHzにアップしている

接続インターフェースはPCI Express(以下、PCIe)4.0×16

前へ 1 2 3 4 5 次へ

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月