このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows Info 第352回

マイクロソフトのオープンソースソフトウェアを整理する

2022年11月06日 10時00分更新

文● 塩田紳二 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフトのオープンソースソフトウェアのページ。主要なプロジェクトの解説などがある

 21世紀に入ってから、マイクロソフトはオープンソースソフトウェア(以下、OSS)に関わりを始めている。以前は距離を置いていたが、最近ではWindowsに標準搭載されるアプリケーションにもオープンソースで開発されたものが含まれるようになった。たとえば、Windows 11なら、「電卓」や「ターミナル」がオープンソースのプロジェクトで開発されたものだ。

 マイクロソフトのOSSは現在ではかなりの数になる。すべてではないが、主要なものはマイクロソフトのサイト(https://opensource.microsoft.com/)に記事があるほか、多くのOSSがGitHub(https://github.com/)にある。GitHubは2018年にマイクロソフトに買収された。

 GitHubの各プロジェクトのページにRelasesページがある場合、実行可能なパッケージファイルを直接ダウンロードできる。確認などで古いバージョンが必要な場合、ここから入手できる場合がある。一部のものに関しては、GitHubでドキュメントが作られたあと、正式ドキュメントがマイクロソフトの開発者向けページに置かれることもある。

 一般ユーザーが利用する可能性が高いアプリケーションのうち、活発な動きが見られるのは、「ターミナル」「VS Code」「PowerToys」「PowerShell」などだ。

 そのほかにも「.NET」や言語(C#、F#、TypeScriptなど)もあるが、こちらはユーザーが限られるので今回は割愛した。

電卓やPowerToysなどアプリケーション関連

 Windows 10/11付属の「電卓」はOSSだが、やや活発とは言いがたい状態。ソースコードは以下のURLにある(https://github.com/microsoft/calculator)。まあ、Windows付属アプリなので、機能もほどほどといったところだろうか。

 そのほかにエディタの「Visual Studio Code」(VS Code)がある。こちらは開発が継続しており、定期的にアップデートされている。基本的には開発者向けだが、JSONファイル編集などにも利用可能。Windows付属のメモ帳では機能不足というのであれば、入れてもいいかもしれない。code.exeでコマンドラインから起動が可能なので、ちょっとしたテキストファイルの表示や編集に重宝する。

 本連載でも何度か扱った「PowerToys」もOSSだ(https://github.com/microsoft/PowerToys)。記事執筆時点のバージョンはv0.64.0。

 このところ、毎月のように新しいバージョンが公開されている。最新版では、ファイルをオープンしているプロセスを表示する「File Locksmith」とHostsファイルの編集アプリ「Hosts File Editor」が追加された。また、「ビデオ会議のミュート」は、v0.67でサポートが終了する予定となった。ただ、GitHubのページを見ると、議論沸騰状態で実際に廃止されるかどうかはわらない。

WSLやPowerShellなどシステム系ソフトウェア

 システムよりのソフトウェアとしては、「ターミナル」「winget」「WSL」「PowerShell」がある。ただしWSLは完全なオープンソースではなく、Linuxカーネルなど部分的な公開で、WSLの基本となる仮想マシン支援機能などはオープンソースになっていない。

 「ターミナル」(旧Windows Terminal)は、この連載でも何回かとりあげた(https://github.com/microsoft/terminal)。

 最新版は、プレビュー版がv1.16.264(2022年9月24日公開)、安定版がv1.15.2874(Windows10)、v1.15.2875(Windows11)で、2022年10月19日に公開されている。

 「Winget」は、コマンドラインベースのパッケージマネージャー。ソフトウェアのインストールやアンインストールなどをコマンドラインから可能にするもの(https://github.com/microsoft/winget-cli)だ。現在のプレビュー版はv1.4.2161(2022年8月6日)、安定版はv1.3.2691(2022年10月5日)。

 最新版では、サブコマンドのshowやinstallでパッケージに関するURLを表示するようになった。「ターミナル」なら、コントロールキーを押しながらURLをクリックして標準設定されたブラウザを開くことができる。また、インストーラーを持たない実行ファイルのみのパッケージ(portableパッケージ)のインストール、アンインストールにも対応した。

 WSLに関しては、前回の記事(「Microsoftストア版でプレビューが進められているWSL」)で解説したように、プレビューの配布はMicrosoftストア経由となった。公開されているソースコードなどはGitHubにある。

●microsoft/WSL2-Linux-Kernel(カーネル)
 https://github.com/microsoft/WSL2-Linux-Kernel
●microsoft/WSL(Microsoftストア版WSLプレビューのバグ報告とリリースノート)
 https://github.com/microsoft/WSL
●microsoft/wslg(Windows 11のLinux GUIアプリ用)
 https://github.com/microsoft/wslg
●microsoft/WSL-DistroLauncher(WSLディストリビューション開発用)
 https://github.com/microsoft/WSL-DistroLauncher
●microsoft/CBL-Mariner(Windows 11のWSLgのためのシステムディストリビューションで利用)
 https://github.com/microsoft/CBL-Mariner

 「PowerShell」は、Windowsに標準添付されているWindows PowerShellの後継プログラム。以前は、PowerShell Coreと呼ばれていた。Windows PowerShellはメンテナンス状態となり、今後の開発はPowerShellのみとなる。現在の安定版はv7.2.7(2022年10月21日公開)で、プレビュー版はv7.3.0-rc.1(2022年10月26日公開)だ(https://github.com/PowerShell/PowerShell)。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン