ソラコム、Wi-Fiなしでクラウドカメラを導入できる 「ソラカメ専用セルラーパック」

ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソラカメ専用セルラーパック

 ソラコムは10月26日、ソラコムクラウドカメラサービス「ソラカメ」において、Wi-Fiルーターとデータ通信SIM、ATOM Cam 2がセットになった「ソラカメ専用セルラーパック」の提供を発表した。

 ソラカメは、カメラの映像をクラウドに録画するサービス。ユーザーは専用のスマホアプリからライブ映像や録画の閲覧、カメラの設定管理などができる。現在、ソラカメ対応カメラになっているのは、アトムテック社の「ATOM Cam 2」と「ATOM Cam Swing」の2機種。これらのカメラは、Wi-Fiへの接続が必要となる。

 ソラカメ専用セルラーパックは、UQコミュニケーションズ提供するデータ通信サービス「WiMAX+5G」のWi-Fiルーターと通信容量無制限のデータ通信SIMがセットとなっており、ソラカメと合わせて利用できる。データ通信のサービスエリアは UQ WiMAX +5G のスタンダードモードに準ずる。購入特典としてATOM Cam 2本体が付属する。クラウド常時録画ライセンスは、別途購入が必要。

 例えば、ショッピングモールや空港、ホテルなどの施設で、敷設しているWi-Fiの電波が届かない、もしくはWi-Fiスポットを増設できない場所でソラカメを導入したいケースや、Wi-Fi環境はあるがセキュリティーやデータ量の問題でソラカメを既存のネットワークに接続できないケースでは、本パックを利用することで活用シーンが拡がる。

 本パックは、11月15日より、SORACOM IoTストア・SORACOMユーザーコンソールで提供開始する。料金は、基本使用料(ユニバーサルサービス料・電話リレーサービス料を含む)が毎月4950円。初期費用としてWi-Fiルーター端末価格2万1780円、契約事務手数料(SIM発行手数料を含む)3300円がかかる。

設置イメージ

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月