このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第387回

2万円台のシンプルマホ「AQUOS wish2」は性能ほどほど&FeliCa対応で安心安全に使える

2022年10月26日 12時00分更新

文● 友納一樹 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回レビューするのは、シャープの「AQUOS wish2」。AQUOSスマホのなかでも、初心者向けのエントリーモデルに位置づけられるwishシリーズです。9月に発売された本機も、2万円台という価格とシンプルさが特徴の機種になっています。

 価格はそれぞれのオンラインストアでドコモが2万2000円、auとUQ mobileが2万6180円、Y!mobileが2万1960円です。カラーは、ドコモが「ホワイト」「チャコール」「ブルー」「コーラル」の4種類、ほかの3社では「オリーブグリーン」「アイボリー」「チャコール」の3種類となっています。

 今回はau版のアイボリーをお借りして、1週間ほど使用しました。

片手操作できるコンパクトボディー
落ち着きのあるカラーと質感もGood

 まずは本体から見ていきましょう。手に取って最初に感じるのは、手触りの良さ。わずかにざらついたマットな質感で、非常によく手になじみます。また、服装やほかの持ち物とも調和しそうな落ち着きのあるカラーリングも好印象。今回使用したのはアイボリーですが、ほかのカラー(特にドコモ独自のもの)も気になるところです。

マット感のある背面はおしゃれでかつ実用的

 サイズは、片手で問題なく操作できるコンパクトさ。側面が少しくぼんでいるため、指が引っかかるのも持ちやすいポイントです。

サイズは約71×147×8.9mm、重量は約162g

 ボタン類はすべて本体右側面に集約されていて、上から音量ボタン、アシスタントキー、電源ボタン、そして指紋認証センサーの順に並びます。また、本体上部にはイヤホンジャックを搭載しています。

 指紋認証のセンサーは右側面の下側にあるため、(右手で持っている場合)親指を下のほうに動かして認証する必要があります。電源ボタンがセンサーを兼ねているような機種と比べるともたつく感はありますが、利便性を大きく損ねるほどではありません。認証の速度自体はとてもスムーズでした。

上部に3.5mmイヤホンジャック

下部にUSB Type-Cポート

ボタン類はすべて右側に搭載

左側上部にSIMカードスロット

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン