ASUSからゲーミングChromebook! 「ASUS Chromebook Vibe CX55 Flip」発表

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUS JAPANは12日、ゲームでの利用に適したハイスペックなChromebook「ASUS Chromebook Vibe CX55 Flip (CX5501)」を発表した。10月26日発売で、価格はCore i3モデルが8万9800円、Core i5モデルが11万9800円。

ASUS Chromebook Flip CX5(CX5501)。なお、実際の製品は日本語キーボードとのこと

 一般にゲーミングノートというと、自機での高い3D処理性能を実現すべく、ハイエンド向けのHプロセッサ、ディスクリートGPUなどを高い冷却性能と組み合わせるマシンが一般的で、20万円オーバーのような高価なモデルの印象が強い。

 しかし、今回登場したASUS Chromebook Vibe CX55 Flipは、GeForce NOWに代表されるクラウドゲーミングでの利用を前提に、CPUやグラフィックなどではコストを抑えつつ、それ以外の要素、具体的にはディスプレーやキーボード、サウンドといった部分ではゲームに適したデザインを盛り込むことで、比較的お手頃価格でありながら、ゲームプレイ時の快適な操作性や多様なスタイルを可能にしている。

 ただ、Chromebookとして見た場合ではスペックは相当に高い。CPUはCore i3-1115G4またはCore i5-1135G7で、メモリーは8GB、SSDは128GB。ディスプレーはタッチ対応の15.6型フルHDで、リフレッシュレートは144Hz対応。サウンド面でも、Harman/kardonチューニングのパワフルで高音質なスピーカーを搭載する。

 ディスプレー部は360度回転タイプで、ノートPCスタイルだけでなく、タブレットスタイル、テントスタイルなど、さまざまなスタイルでゲームが楽しめるが、特にノートPCスタイルでは、キーボード面が約3%の傾斜がつき、快適なタイピングやゲームプレイ時の排熱にも優れるほか、WASDキーのカラーリング、Nキーロールオーバーといった機能も搭載されている。

 本体サイズは約357.6×244.16×18.5mm、重量は約1.95kg。インターフェースはHDMI×1、USB 3.2 Gen2(Type-C)×2(映像出力、給電対応)、USB 3.2 Gen2(Type-A)×1、microSDカードスロット、イヤホン、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1など。バッテリー駆動時間は約9.3時間。

 ROGブランドで、ゲーミングPC市場をリードしてきたASUSだが、ゲーミングChromebookという新たなジャンルに進出する注目の製品と言える。

 

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月