このページの本文へ

ナイコム、米GRADO社製ヘッドホン「GS3000x/GS3000x Balanced」「GS1000x/GS1000x Balanced」を10月7日に発売

2022年09月30日 15時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GS3000x

 ナイコムは9月30日、同社取扱の米国GRADO社より、ヘッドホンの新製品「GS3000x/GS3000x Balanced」および「GS1000x/GS1000x Balanced」を販売することを発表した。いずれも10月7日に発売する。

 GS3000x/GS3000x Balancedは、GRADO社史上最大の大きさを誇る新型の52mm口径Xドライバーを搭載し、ココボロ材とメタルのハイブリッドハウジングを採用する。質感と情感にあふれたココボロ材はその音質特性と生来の質量からハウジングの素材として最適としており、内部にメタルチャンバー配置することでさらに質量を増し、歴代最大サイズのドライバーの剛性をコントロールすることができたという。ココボロ材は印象的な模様と色合いを持ち、ペアごとに異なる傾向があるとしている。

 ケーブルとヘッドバンドの素材を一新し、ケーブルには純度を高めたスーパーアニールカッパー12芯ケーブルを採用。ヘッドバンドはブラックレザーにホワイトステッチを施してアクセントとしている。4ピンXLRバランス端子モデルも選択可能。GS3000xは30万6900円、GS3000x Balancedは33万3300円。

GS1000x

 GS1000x/GS1000x Balancedは大型の50mm口径Xドライバーを搭載する。初採用のイペ材と長きに渡って研究開発してきたマホガニー材のハイブリッドハウジングを採用、マホガニー材は温かみのある音色を、イペー材は木目を通したあらゆる音を受け止める頑丈なベースとして機能するという。

 ケーブルとヘッドバンドの素材も一新され、ケーブルは耐久性を高めた外装に純度を高めたスーパーアニールカッパー12芯ケーブルを採用。ヘッドバンドはブラックレザーにホワイトステッチを施している。4ピンXLRバランス端子モデルも選択可能。価格GS1000xが18万4030円、GS1000x Balancedが21万100円。

 いずれも入力は6.3mm標準プラグ/4pin XLRバランス端子、Balancedモデルは6.3mm標準プラグアダプターが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン