このページの本文へ

ユーザーの使いやすさにこだわった配慮が筐体に散りばめられた1台

6万円台でこの使いやすさはスゴすぎ! ギークな編集部員から事務スタッフまでが“ちょうどいい”と感じた15.6型ノートPC

2022年09月22日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

リフトアップヒンジでタイピングしやすく! テンキー付きで数字入力もサクサク

事務作業を担当するハマクボ。普段は13.3型ノートパソコンをディスプレーに接続して作業しているという

THIRDWAVE SA505iをわたすと「15.6型ってこんなに大きいのかぁ。作業しやすそう」と興味津々なハマクボ

 最後に触ってもらったのは、アスキーで事務作業を担当しているハマクボ。触り始めてまず話題に挙がったのが、リフトアップヒンジだ。「ヒンジの構造でキーボードに角度が付くのはいいですね! 事務作業だとメールを送ったり、資料を作ったり、データを入力したり、ほとんどの時間文字入力をしているので、こういった細かい配慮はうれしいですね」と絶賛。

リフトアップヒンジにより、キーボードに角度が付くようになっている

「このヒンジで角度が付いているんですね。スゴイ!」と感心するハマクボ

 また、データの入力は数字も多いとのことで「変わった形をしていますけど、テンキーが付いているのは便利ですね。あと、タッチパッドを切り替えて使えるテンキーは、スマホみたいにタッチで数字が入力できるので、使い始めてみると意外とこっちのほうが速く入力できるかもしれません。スマホがメインの若い人にもオススメしたいです」と、テンキーについても気に入った様子だった。

「テンキーも慣れれば違和感なく使えそうです」とのこと

「スマホ世代はこっちのほうが入力速いかもしれないですね」とタッチパッドに表示されたテンキーに触れながら話すハマクボ

指紋認証やプライバシーシャッターを搭載
セキュアーな要素も

 そのほか、重要な情報も集まる事務の作業として必要不可欠なのがセキュリティーと語るハマクボ。そこでまず指紋認証によるログインについて紹介したところ「指紋認証を設定しておけば、セキュアーに使えるのはうれしいです。結構大事な情報を扱っているので」と、セキュリティーにも好印象。

筐体右側面に指紋認証センサーを搭載

 加えて、「これはなんですか?」と気になったのが、カメラに付いているプライバシーシャッターだ。この機能についても「テレビ会議の前後にプライバシーシャッターを閉じておくという習慣を付ければ、不用意に映ってはいけないものが映り込んだり、テレビ会議を消し忘れたりした際にも、しっかりとカメラが隠れるのでいいですね」と語った。

プライバシーシャッターに興味を持つハマクボ

プライバシーシャッターを採用

スライドさせることで、物理的にカメラを閉じることができる

サイズや重さについては「基本は会社で仕事をしていますが、たまに会議室でテレビ会議をすることがあるので、これくらいの軽さだと助かります!」とのこと

 以上のように、ノートパソコンに求める要素はそれぞれ違うものの、THIRDWAVE SA505iはしっかりと抑えてある“ちょうどいい”マシンであることがわかった。ユーザーはこういったことが必要だろうという要素をしっかりと考えたうえで開発されたマシンだからこそだといえる。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ