このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

山谷剛史の「アジアIT小話」 第183回

中国でバカ売れの子供用スマートウォッチ「小天才」は大人も欲しくなる出来!

2022年08月12日 12時00分更新

文● 山谷剛史 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

中国の子供たちに人気のスマートウォッチ「小天才Z8」。アクションカムにもなる高性能モデルだが、価格も日本円で3万円台と結構高価だ

中国では一般向けとほぼ同数の
子供向けのスマートウォッチが販売されている

 ガラパゴスな中国の子供用スマートウォッチがアツい。いや、そのアツさは今に始まったわけでなく、以前から盛り上がっている。

 2021年の世界におけるスマートウォッチの出荷台数は1億2800万台で、このうち中国の出荷台数は米国に次ぐ3956万台なのだが、一般向けが2013万台、子供に特化したモデルが1943万台とほぼ同じ台数が売れているのだ。

 主なメーカーは、OPPOやvivoと同じルーツを持つ「歩歩高」のブランド「小天才(imoo)」に、シャオミ、ファーウェイ、360だ。この小天才は技術力に定評があるシャオミやファーウェイなどを抑えて、一番人気のブランドとなっている。この小天才のスゴいスマートウォッチにフォーカスする。

親にとって都合がいい機能だけでなく、
ガジェット好きが欲しくなるような機能・性能が搭載

 この記事を書くにあたり、そもそもどれくらいスマートウォッチが普及しているのか、内陸省都在住の中学生にヒアリングしてみた。なんでもクラスの3分の1が持っており、一般向けと子供向けが半々くらいなのだとか。地域差や学校差はあるが中国の学生の間ではそれなりに普及していそうだ。

 子供向けスマートウォッチ全般に言えることだが、ピンクや青などのファンシーめのデザインと、通信機能では通話やビデオチャット、それに安全のための電子フェンスやSOSボタンといった機能がある。これは親側の子供を見守りたいというニーズに即している。そのため求められている性能としては、子供の様子がわかるカメラにGPS、4G、将来的には5Gの通信機能、すぐには切れないバッテリー容量がある。

 とはいえこれらは親の都合。子供のニーズに応えているとは限らない。そこで親だけでなく、子供も欲しいと思うように、小天才はフラッグシップマシンに親側のニーズをふまえつつ、大人でも欲しくなるようなギミックを加えて、子供の興味を惹いている。

 今回は、各種製品の中でも圧倒的存在感の「小天才Z8」を紹介する。他社が日本円で数千円程度の製品を用意する中、小天才Z8は実売価格で3万円台というなかなか高価格なハイエンド機だ。

Wear OS系のスマートウォッチでおなじみのSnapdragon Wear 4100がSoCに採用されている

 「小天才Z8」のどのあたりがハイエンドなのか。スペックはSoCにSnapdragon Wear 4100、通信は4GとWi-Fi/Bluetooth、1GBメモリー、32GBストレージ、バッテリーは760mAh。OSは同社開発のCaremeOSとなっている。当然のようにカメラを搭載し、ビデオ通話が可能で、居場所はどこのモールの何階にいるかまで把握できる。歩数計のほか、睡眠計や心拍計機能を内蔵。泳ぐ程度ならまったく問題ない防水機能を備える。

ベルトから取り外してアクションカムに!
勉強に使うのに便利な機能も

 そしてギミック的にすごいのは、専用ベルトから簡単に一部か全部を外せるということだ。電話がかかってきたらパッと本体を外して通話できるし、カメラのように構えて撮ることもできる。内蔵の各種アプリも外して利用すると便利なこともあるだろう。

アクションカムとしても利用可能! 大人もうらやましい

 なにより本体ユニットをGoProのように自転車やドローンなどに取り付けて撮影できる。それだけでガジェットとしてうらやましく思ってしまう。防水や衝撃にも耐えられる仕様なので安心だ。またベルトに立たせて変形しての利用もできる。フィットネスアプリを見ながら使ったり、本を読むときにわからない文字をカメラで撮影して検索するといったことも容易だ。

耐久性も売りなので、こんな使い方も紹介

本体だけを持ち上げるようにして、フィットネスアプリの動画を見やすくすることも可能

勉強中にわからない文字が出たら、カメラで検索できる

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン