このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

編集部員の「これ、買いました」 第8回

米海軍のトレーニングショーツは夏にピッタリかもしれない

2022年08月14日 16時00分更新

文● モーダル小嶋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミリタリーなショートパンツ

 世間では、お盆休みといいますか、レジャーのシーズンではあるのですが、今はちょっとおおっぴらにはしゃいで遊ぶ……という感じではないかもしれません。

 とはいえ、あまり外出せずに過ごすとなっても、夏が暑いことに変わりはない。そこで、ショートパンツ。レジャーに行くにも、近所を散歩するにも、便利な存在です。

 ちなみに男性がショートパンツを履くときの「すね毛をどうするか問題」ですが、筆者の友人は「毛が濃いと引くし、剃っていたらそれはそれで引く」と言っていたので、もう気にしないことにしました。

 ショートパンツなど、本当にピンからキリまで多くのものが売られているので、今回はすこし変わったものを紹介します。アメリカ海軍に納品されていたトレーニングショートパンツの放出品です。

見た目は普通の「ショートパンツ」

 その名の通り、軍でトレーニングをする際のもの。要するに“体操着”ですが、使われている場所が場所ですから、立派なミリタリーグッズともいえましょう。

 インポート系のセレクトショップなどで売られていることがあり、新品でも市場価格はだいたい5000円台で、お買い求めやすいかと。ネット通販で扱っている場合もあるので、検索してみるとよいでしょう。

「NAVY」のリフレクターロゴ。乱暴に洗い過ぎると剥がれることもあるので注意

 海軍なので「NAVY」のリフレクターロゴがあります。ちなみに、生地の色は黒で「ARMY」になっているモデルもあります。いかにもなロゴですが、日本だと「色がネイビーだからNAVYと付いているのかな」と思われるかもしれません。

なんと、ニューバランス製

 ところで、このショートパンツは、どこが手がけたと思いますか? 「いやー、アメリカの軍に納入するメーカーなんて知らないよ」と思われるかもしれませんが、たぶん、あなたも知っているメーカーです。

 実は、ニューバランスなんです。そう、スニーカーでおなじみの、あのニューバランス製。ここも、おもしろいポイントではないでしょうか。

ロゴを見るとあのニューバランスなんですよね

 ニューバランスは(今なお、多数の「Made in USA」の製品を手がけていることもあるのでしょう)、ショートパンツのほかにも、ウインドジャケットや、トレーニングシューズなど、実は軍に納入しているアイテムが多いメーカーなのです。

 そういうこともあってか、このショートパンツも、Made in USA。だから品質がどうだというわけでもありませんが、この手のショートパンツで(しかもこの価格で)「Made in USA」はめずらしい気がします。

サラッとした生地でとても軽い
インナーは邪魔な人もいるかも?

 肝心のショートパンツのディティールはどうでしょうか、まずは生地ですが、速乾性があるとうたう「MCS」ファブリックを採用。

生地はサラッとした手触り。濡れてもすぐ乾く

 薄いポリエステル素材なので、軽く、乾きやすい素材なので、濡れてしまう環境でもガシガシ使えると思います。本気の水泳ならともかく、川などで遊ぶ程度なら十分でしょう。

 両脇にポケットがあり、ウエストはゴムで、ドローコード(ヒモ)により調節可能。内側には、ブリーフ型のメッシュサポーターがあります。

ウエストはヒモでしばります

裏返しにするとサポーターがわかりやすい

 このサポーターがあるので、下着を履かなくても大丈夫。とはいえ、水遊びをするのでもない限り、ほとんどの人は下着を履くでしょうし、街で履くぶんには、このフィット感が邪魔だと思うときもあるかもしれません。

 そこで、動きやすいように、この部分をハサミなどで切り取る人もいるそうです。まあ、ここを切り取っても、ショートパンツ部分が残るだけなので、とくに問題はありません。

サポーター部分には隠しポケットも付いています。でもこれ、何を入れるかなあ

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ