このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

MEMSマイクを8基搭載してNC性能が向上、見た目もすっきりと

ゼンハイザーのワイヤレスヘッドホン最上位「MOMENTUM 4 Wireless」発表

2022年08月09日 07時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Sonova Consumer Hearing Japanは8月9日、ゼンハイザーブランドのヘッドホン「MOMENTUM 4 Wireless」を発表した。6月に発売を告知していた製品。価格はオープンプライスで、店頭での販売価格は5万5000円前後になる見込み。

MOMENTUM 4 Wireless

MOMENTUM 4 Wirelessのホワイトモデル

MOMENTUM 4 Wireless

MOMENTUM 4 Wirelessのブラックモデル

 ワイヤレスヘッドホンの最上位機種。定評ある音質の良さに加え、アダプティブノイズキャンセリング機能の搭載、快適な装着感が得られる新デザイン、最長60時間と長い連続再生時間などをアピールしている。

イヤーカップは水平に稼働し、フラットにできる

 直径42mmのドライバーは真横ではなく角度を付けて取り付け、自然な音場再現ができるようにしている。レザーライクなイヤーパッドは装着しやすさに配慮。密閉性を高めることでノイズキャンセル性能の向上に貢献するという。本体も軽量化。ボイスピックアップマイクの性能が向上し通話やボイスアシスタント機能が利用しやすくなったとする。

全てを、再構築

 従来機種「MOMENTUM Wireless 3」の発売からほぼ3年が経過。「一度聴いたら、もう戻れない」をキャッチフレーズに、あらゆる部分で進化したという。

 42mmドライバーはアイルランドの自社工場で製造。振動板は新素材(非公表)にし、高音質化と信頼性の両面を強化した。上述した「アングルバッフル技術」を用いて、スピーカー再生のようにやや前方から音が聴こえるようにしている。高域が届きやすくなり、自然で壮大な音場が得られるほか、制振性も高めているという。

アングルバッフル技術

斜めにドライバーを取り付けるアングルバッフル技術

 Bluetooth SoCとは別に、DACとANCを担当するチップを追加している。高音質に加え、省電力性にも配慮した設計だ。

 音質傾向は、ナチュラルでバランスが取れたものになっている。定位もしっかりしており、ボーカルが聴きやすく、低域は引き締まっている。解像感が高くクリア、かつ上品な傾向でどんなジャンルの曲にも合う音だと自信を見せる。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン