JPNEとJPIXが合併 ローミングとIXの事業を統合へ

文●大谷イビサ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2022年8月4日、日本ネットワークイネイブラー(JPNE)と日本インターネットエクスチェンジ(JPIX)は、両社で合併契約を締結したことを発表した。合併期日は2023年の1月1日で、商号は検討中となっている。なお、両者が提供しているサービスは合併後も継続して提供される。

 2010年設立のJPNEはVNE(Virtual Network Enabler)事業者として、ISPへのローミングサービスを提供。一方、1997年設立のJPIXは日本初の商用IXとして国内外のユーザーに相互接続機能を提供してきた。KDDI傘下の両者の合併により、それぞれのアセットを融合することで、インターネットのトラヒック拡大への対応、低遅延通信の実現や新事業創出を加速し、社会基盤としてのインターネットの更なる利用拡大を目指し、デジタル社会の実現に貢献するという。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
08月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2012年
02月
2011年
05月
07月
2010年
08月
09月