このページの本文へ

Splunk Observability CloudがAWS東京リージョンで稼働開始

2022年07月26日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Splunk Inc.は7月26日、アマゾンウェブサービス(AWS)の東京リージョンを活用し、日本国内において「Splunk Observability Cloud」を7月より順次サービス提供開始する。

 Splunk Observability Cloudはインフラ監視、アプリケーションパフォーマンス管理、リアルユーザー監視、合成モニタリング、ログ調査、インシデント対応のすべてに対処できる世界最高クラスのソリューション。ITチームやDevOpsチームに対し、アプリケーションやサービス、インフラのパフォーマンスおよび健全性に関する各種情報を可視化して提供。

 Splunkの完全なObservabilityポートフォリオにはSplunk Infrastructure Monitoring、Splunk APM、Splunk RUM、Splunk Synthetic Monitoring、Splunk Log Observer、Splunk Incident Intelligence(プレビュー)が含まれ、Splunk の業界トップの技術であるNoSampleによる完全忠実なデータの取り込み、リアルタイムのストリーミング分析、スケーラビリティーにより、監視、トラブルシューティング、ビジネスクリティカルな問題の解決を導くことが可能となる。

 AWS東京リージョンを通じて日本でのサービス提供を行なうことで、国内企業は、国内データ保持の選択肢を得ることが可能になり、またオブザーバビリティーにとって重要な要件である低レイテンシーでの観測が可能となる。これにより、企業はデータレジデンシーに関連するコンプライアンス要件にも対応できるとしている。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!