このページの本文へ

NVIDIA、Turing世代の新ローエンドGPU「GeForce GTX 1630」を発表

2022年06月29日 20時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAは6月29日、デスクトップPC向けGPUのエントリーモデル「GeForce GTX 1630」を発表した。GeForce GTX 16シリーズは、2019年に登場したGeForce GTX 1650をローエンドとしてきたが、そのさらに下位に当たるモデルとなる。

 GTX 16シリーズと言えば、GeForce RTX 20シリーズと同世代のTuringアーキテクチャーを採用しつつ、AIアップスケーリング向けのTensorコアやレイトレーシング処理に適したRTコアを省くことで、より安価な製品として提供されたシリーズ。

 現在、さらに1世代進んだAmpereアーキテクチャーを採用するGeForce RTX 30シリーズが主流となっている中、よりコストを下げたTuring世代のGPUが市場に投入されることとなる。

GTX 16シリーズの主なスペック比較

 主なスペックは、CUDAコアが512基、ブーストクロックが1785GHz、ベースクロックが1740GHz、VRAMはGDDR6 4GB、メモリーインターフェースは64ビット。最大解像度は7680×4320/60Hzで、インタフェースは標準ではHDMI 2.0b、DVI-D、DisplayPort 1.4aを搭載する。TGPは75W。

 現在、PalitやZOTACから、GeForce GTX 1630搭載ビデオカードが発表されている。

Palit GeForce GTX 1630 Dual OC

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1630

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中