このページの本文へ

大同火災海上保険とDayzが沖縄県内における業務に関して包括連携協定を締結

2022年06月23日 13時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 大同火災海上保険とDayzと6月23日、沖縄県内における業務に関して包括連携協定を締結した。

 Dayzは、企業・組織におけるリスク対策を計画から実行まで統合的に支援しリスク対処支援サービス「リスクデザイン」を展開しており、オキナワ・スタートアップ・プログラムに採択されている。また、電子化によって簡素化かつ業務効率を向上する規約管理クラウド(ルールテック:2022年夏ごろサービス提供開始予定)の開発・運用を進めている。

 両社は沖縄県内にて、以下の連携合意内容とする包括連携協定を締結。

・広報および危機管理業務に関する事項
・リスクマネジメントサービスに関する事項
・規約管理クラウド事業に関する事項
・保険商品の開発および市場調査に関する事項

 この連携協定により、大同火災は同社の持つ営業ネットワークに対し、Dayzの持つ人的資産・危機管理、広報並びに新規事業創出に関わる知見などを提供することが可能となる。沖縄県内の企業に対し、戦略的かつ実効的な保険業務および、保険業務以外の新規事業の推進と競争力を高めるサポートが可能となるとしている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ