液体金属とアークエアフローファンで超冷却です

ジャイアンとつばさも惚れた! e-Sportsのための新技術が全部入った爆速ゲーミングノート「ROG Strix G17/G15」レビュー

文●写真 ジャイアン鈴木 コラム● アスキーゲーム部+つばさ 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

e-Sportsのための機能【その3】
楽しくゲームするための独自機能があるのだ!

 ROG Strix G17/G15はデザイン的にもゲームを盛り上げる装備が充実。キーボードバックライトだけでなく、パームレスト周囲にも好みのカラー、エフェクトで点灯できるLEDバーを装備する。

 スタティック、ブレス、ストロボ、カラーサイクル、レインボー、星空、ミュージック、スマート、適応色、ダークなどの「基本エフェクト」が用意されているほか、「Aura Creator」で自由自在にカスタマイズ可能だ。

キーボードバックライトだけでなく、パームレスト周囲にもLEDバーを配置

天面のROGのロゴは動作時に白く点灯

基本エフェクトが多数用意されるほか、ユーザーがカスタマイズ設定可能だ

これは用意されているエフェクトのひとつ「レインボー」

 入力デバイスはROG Strix G17がテンキー付き、ROG Strix G15がテンキーレスの日本語キーボードを採用。キーピッチは実測19mm前後、キーストロークは1.9mm、キー押圧力は0.52N。

 キーストロークは一般的なノートPCより深めだが、「ROGオーバーストロークテクノロジー」が採用されており、浅い位置で反応するようにチューニングされている。より早いレスポンスと滑らかなコントロールが実現されているわけだ。

 キーボード面の剛性は非常に高く、打鍵感も良好。また全体が沈み込むダイビングボード構造のタッチパッドは両機種とも実測130×77mmが確保されておりジェスチャー操作もしやすい。

 キー配列も熟慮されており、キーボード奥にはボリューム、マイクミュート、動作モード変更、Armoury Create起動ボタンなどの専用キーが配置され、ゲームプレイ時でも手探りで素早く設定変更が可能。

ROG Strix G17はテンキー付きキーボードを採用

ROG Strix G15はテンキーレスキーボードを採用

文字キーの押圧力は0.52N

ROG Strix G17、G15のどちらもタッチパッドの面積は実測130×77mm

ROG Strix G15/17は究極の冷却設計に加え
楽しむココロも持った究極のゲーミングノート

 Strix G713は、最新のCPU&GPUを積んでいるだけのゲーミングノートではない。ROGが誇る最新の冷却技術をとことん投入した、最高速を目指すゲーミングノートである。

 さらに、外観デザインから、照明システム、高品質のキーボードと、スペックだけではない、ユーザーの使い勝手や楽しさまで考えつくされたデザインが行われている。初心者からプロまで、安心して購入できる、究極のゲーミングノートなのである。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月