COMPUTEX TAIPEI 2022レポート

MSI、COMPUTEX 2022にて量子ドット(QD)+有機EL(OLED)ゲーミングディスプレー最新モデル「MEG342C QD-OLED」などを発表

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エムエスアイコンピュータージャパンは5月27日、量子ドット(QD)と有機EL(OLED)を搭載したゲーミングディスプレーの最新モデル「MEG342C QD-OLED」とHMI(Human Machine Interface)の最新版「HMI 2.0」を発表した。

 Micro-Star International CO., Ltd.(MSI)がCOMPUTEX 2022にて発表したもので、MSI MEG342C QD-OLEDは、 湾曲率1800Rの34型UWQHD(3440×1440ドット)パネルを採用するウルトラワイドディスプレー。工場出荷時にカラーキャリブレーションを行ない色差ΔE≦2を満たしている。量子ドットと有機ELの両方を搭載することにより、MSI True Color技術とMSI独自のQDプレミアムカラーに対応し、DCI-P3、Adobe RGB、sRGBの色域を極めて高い水準でカバーする。

 リフレッシュレート175Hz、応答速度は世界最速の0.1ms(GTG)を実現するなど高いゲーミング性能も備える。MSI Gaming Intelligenceにも対応し、スマホからディスプレーを遠隔操作できる内蔵チップを搭載するほか、AIによりノイズキャンセリングするSound Tune機能、センサーで使用場所の明るさを検知し自動で最適な輝度に調整するSmart Brightness、PIP/PBP、KVMスイッチ機能などを装備。

 HMI 2.0はハイスペックゲーミングデスクトップPC「Aegis Ti5」に搭載。ゲーミングPCとゲーミングディスプレーから分離された機能をひとつのダイヤルに統合し、MSIゲーミングデスクトップPCとゲーミングディスプレーのシステム情報と機能を直接同期させることができる。ディスプレーのOSDメニューはゲーミングデスクトップPCのゲーミングダイヤルから直接制御でき、ゲーマーはプレーしたいゲームをダイヤルから起動、Gaming Intelligenceプロセッサーが自動的にゲーミングディスプレーとゲーミングデスクトップPCの設定を最適化するといったことが可能となる。最新のHMI 2.0は次世代Aegis Ti5の標準機能になるという。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月