前へ 1 2 次へ

稼働範囲も広く、高画質と高速応答を両立した不足ないハイスペックモデル

PS5で4K/120Hzも楽しめる!27.9インチRAPID IPS液晶パネル採用、144Hz対応ゲーミングディスプレーMSI「Optix MAG281URF」レビュー

文●飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さらに、MSIのディスプレー設定ツール「Gaming OSD」にも対応。USBケーブルでパソコンと接続していれば、画面上からOSDと同様の設定ができるだけでなく、ゲームやアプリごとに自動的に設定を切り替えることも可能となる。先述のMystic Lightもここから設定できる。

「Gaming OSD」で操作ができるのは非常に楽。ケームやアプリごとに設定をしておけば、自動的に最適な設定にしてくれる

 インターフェースは、HDMI 2.1×2、DisplayPort 1.4a×1、USB Type-C(DP Alt mode)×1、USB 2.0 Type-A(USB ハブ)×2、USB 2.0 Type-B(PC接続用)×1、ヘッドホン出力 ×1を用意。USB Type-Cポートを備えたことで、ノートPCでのデスクワークとモバイルワークの切り替えをケーブル1本ですませられる。ただし、給電は最大15Wなので対応するノートPCである必要はあるが、テレワーク用のディスプレーとしても活用できる。

インターフェースは、HDMI 2.1×2、DisplayPort 1.4a×1、USB Type-C(DP Alt mode)×1、USB 2.0 Type-B(PC接続用)×1、USB 2.0 Type-A(USB ハブ)×2、ヘッドホン出力 ×1

 ゲーミング向け機能としては、NVIDIA G-SYNC Compatibleに対応、対応グラボと組み合わせれば、カクつきやティアリング現象を低減してくれるので、ストレスなく長時間プレイができる。残像感を低減してくるアンチモーションブラー(MPRT)機能もあり、ゲームに合わせて選択するといいだろう。また、暗部を明るくするナイトビジョン機能も搭載。暗い場所での敵の発見に役立つ。

ナイトビジョン機能は、「A.I.」にすると、映像に合わせて最適化してくれる

 さらにDisplayHDR 400に準拠しているので、より現実的な世界観を求めるなら、HDRをオンにしてプレイすることをオススメする。

USB Type-Cで接続できるのがいい

 実際に設置して使ってみたが、4K解像度でゲームをプレイするには、それなりのグラボやマシンパワーが必要だが、精細感が高いと遠くの動きも把握しやすく、144fpsを保持できるゲーム環境であれば、動きも滑らかでかなりプレイしやすい。

 HDMI 2.1に対応し、PS5を接続したとき4K/120Hzでプレイできるのもポイントが高い。残念ながら筆者は未だにPS5を入手できていないので、実際に試せなかったが、「グランツーリスモ7」が発売されるまでにはなんとか手に入れたい。そのときに、ハンコンと組み合わせてこのディスプレーでプレイできれば最高だろう。

OSDの設定で 4K/120Hzにできる

 27.9インチというサイズは、デスクに設置するにはちょうどいい。手前に置いて没入感を楽しむのもよし、奥の方へ置いて俯瞰で見てプレイするもよし。調整幅も広いので、自分のプレイスタイルに合わせて設置できるだろう。

 本製品は、ゲーミング性能が優れているのはもちろんだが、USB Type-Cを搭載し、USBハブも内蔵したことで、使い勝手の面でも優秀だ。USB Type-Cケーブルを利用してパソコンと接続すれば、USB 2.0 Type-Bケーブルでの接続が不要で映像も送れ、かつ給電もできる。結構ケーブルがごちゃごちゃするところをUSB Type-Cケーブルだけですむメリットは大きい。

VAIO ZとUSB Type-Cケーブルで接続。映像を映すのはもちろん、Gaming OSDでの操作も可能なので、このケーブル1本ですむ

VAIO Zでは、ちゃんと給電されていた。欲を言えばもう少し出力がほしいところ

 とくに、ノートPCをデスクワークとして使う際、セカンドディスプレーとして本製品に接続して利用すば、ケーブル1本の抜き差しだけでモバイルワークとの切り替えが完了する。

USBハブに周辺機器を接続しておけば、USB Type-Cケーブルを接続しただけで利用可能になる

 また、KVMスイッチ機能を搭載しており、USBハブにキーボードやマウスを接続し、1台のパソコンはUSB Type-Bケーブルで接続、もう1台をUSB Type-Cケーブルで接続すれば、キーボードやマウスを2台で共有可能となる。自宅のゲーミング環境でテレワークをする際、ノートPCを接続して普段使い慣れたキーボードとマウスを、接続変更せずに利用できるのだ。

ゲームだけでなく作業環境を改善したい人に

 ハイスペックな本製品の実売価格は11万8800円前後。少々お高めだが、RAPID ISPパネルで4K/144Hz駆動、1ms(GTG)の応答速度という高精細、高画質でありながらゲーミングレベルの性能を備えつつ、USB Type-C搭載やUSBハブも備える使い勝手のよさも併せ持っていることを考えると、妥当なのではないだろうか。

 PS5を含め4Kというゲーミング環境の強化とともに、テレワークといった作業領域の拡充をしたいという人に、本製品を検討してほしい。

©2018 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Tom Clancy’s, Rainbow Six, The Soldier Icon, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.

前へ 1 2 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月