このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

第12世代Core & ASUS Z690で組む! オススメPC構成3選

2022年01月06日 11時00分更新

文● 松野将太 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松・Core i7-12700KF&DDR5メモリー&GeForce RTX 3070 Tiの超ハイエンド構成

「ROG STRIX Z690-F GAMING WIFI」実売価格4万9600円前後。DDR5メモリーをサポートするゲーミングマザーボードだ

 最後に紹介するのは「Core i7-12700KF」および「GeForce RTX 3070 Ti」を採用したハイエンドゲーミングPCだ。今回紹介した構成の中では唯一DDR5メモリーを採用しており、第12世代Core&Z690マザー環境のポテンシャルを最大限発揮できる構成と言っていいだろう。4Kのような高解像度環境でのゲームプレイはもちろん、クリエイティブな用途でヘビーに活用したい人にもおすすめだ。

Core i7-12700KF&GeForce RTX 3070 Ti採用自作PCの構成
CPU Intel「Core i7-12700KF」
(12コア/20スレッド、2.7GHz~5GHz)
4万9000円前後
マザーボード ASUS「ROG STRIX Z690-F GAMING WIFI」
(LGA 1700、Z690、ATX)
4万9600円前後
CPUクーラー ASUS「ROG STRIX LC II 360 ARGB」
(オールインワン水冷、360mm)
3万2800円前後
メモリー CORSAIR「CMT32GX5M2B5200C40」
(DDR5-5200、16GB×2枚)
4万7000円前後
SSD Samsung「980 PRO(MZ-V8P1T0B/IT)」
(1TB、M.2 NVMe)
2万2500円前後
グラフィックスカード ASUS「ROG-STRIX-RTX3070TI-O8G-GAMING」
(GeForce RTX 3070 Ti、GDDR6 8GB)
16万円前後
PCケース ASUS「ROG Strix Helios」(ATX) 3万4000円前後
電源ユニット ASUS「ROG-THOR-1000P2-GAMING」
(80PLUS PLATINUM 850W)
5万円前後
OS Microsoft「Windows 10 HOME パッケージ版」 1万7000円前後
総額(税込) 46万1900円前後

360mmラジエーター採用のASUS「ROG STRIX LC II 360 ARGB」。実売価格3万2800円前後

 CPUは竹構成と同じく「Core i7-12700KF」を採用しており、PCゲーミングに十分な性能を確保。これまでの構成と大きく異なるのは、マザーボードにDDR5メモリー対応の「ROG STRIX Z690-F GAMING WIFI」を選定している点だ。

 メモリーは従来のDDR4製品を大幅に上回るDDR5-5200駆動をサポートするCORSAIR「CMT32GX5M2B5200C40」。ストレージも順次読み込み7000MB/s越えをうたうSamsung「980 PRO(MZ-V8P1T0B/IT)」で固めるなど、最新プラットフォームの高いポテンシャルを存分に発揮できる構成とした。CPUクーラーは竹構成よりも冷却力を強化した360mmラジエーター採用のASUS「ROG STRIX LC II 360 ARGB」だ。

「ROG-STRIX-RTX3070TI-O8G-GAMING」実売価格16万円前後。4K解像度のような高負荷環境でのゲーミングで利用したいGPUだ

「ROG Strix Helios」実売価格3万4000円前後。カラバリはノーマルのブラックに加え、画像の「WHITE EDITION」もラインアップするASUS純正の大型ケース

 グラフィックスカードはRTX 3070 Ti搭載の「ROG-STRIX-RTX3070TI-O8G-GAMING」。このクラスのGPUになると、フルHD~WQHDのような解像度でゲームをするぶんには性能を持て余してしまう可能性もあり、基本的には4Kゲーミングを意識した環境を構築するべきだろう。そのほか、PCケースはROGブランドの大型ケース「ROG Strix Helios」、電源ユニットも「ROG THOR」を採用し、見栄えもかなり豪華に。ASUS製パーツの比率が多いこともあって、MOD PCのようなド派手な外観を楽しめるだろう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ