このページの本文へ

小島寛明の「規制とテクノロジー」 ― 第155回

日本のステーブルコイン、銀行に有利?-倶楽部情報局

2021年12月06日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「日本のステーブルコイン、銀行に有利?」を紹介します。


 日本の大企業もステーブルコインの普及に本格的に取り組むのだろうか。

 日本の大企業74社が参加する「デジタル通貨フォーラム」が2021年11月24日、デジタル通貨「DCJPY」(仮称)構想のホワイトペーパーを公表した。

 24日のNHKの報道によれば、このグループは、2022年3月までにデジタル通貨の実証実験を始め、22年度中の実用開始を目指すという。

 企業グループの公表資料は「デジタル通貨」や「民間発行デジタル通貨」という言葉を使っている。

 しかし、グループの構想は、ホワイトペーパーを読む限り日本円と連動する法定通貨担保型のステーブルコインに限りなく近い。

銀行による発行を想定

 このデジタル通貨フォーラムには、いわゆる3メガバンクを始めとした金融機関、生保、損保会社、イオン、ANA、SBI、電通や大手商社、コンビニなど、ほとんどの人が知っている大企業が名を連ねている。

 では、企業グループが発行を目指すデジタル通貨とはどんな内容なのだろうか。

 DCJPYの特徴は、日本円と完全に連動し、銀行が発行することを前提とする点だ。

 実際には、構想はもう少し複雑だが、ユーザーとしては、おおむね次のような使い方が想定されている。

  1. 銀行に口座を作って、日本円を預ける
  2. 銀行口座の預金からDCJPYを発行してもらう
  3. DCJPYを送金や、買い物に使う

 DCJPYの発行や送金といった取引は、ブロックチェーン上に記録される。この点からも、「民間発行デジタル通貨」はステーブルコインの一種と考えてよさそうだ。

 DCJPYの発行は、ユーザー目線のイメージとしては、交通系電子マネーやQRコード決済の「チャージ」に近いものがある。

 スマホの決済アプリは、銀行口座やクレジットカードから残高をチャージするが、チャージの段階で預金も減る。

 構想では、余ったDCJPYを日本円と交換することも想定されている。

 ここまでは、ユーザーの立場としては、従来の決済アプリを使うのとあまり変わらないかもしれない。

スマートコントラクトの実装目指す

 デジタル通貨フォーラムの構想では、スマートコントラクトの実装も想定されている。

 たとえば、通信販売には「代引き」(代金引換)という仕組みがある。

 インターネット通販で商品を注文し、商品が届いた際に、代金と引き換えに商品を受け取る。

 この際、ユーザーは財布から現金を出したり、クレジットカードやスマホで支払いをする。

 この取引にスマートコントラクトを実装すると、イメージとしてはこんな流れになる。

 ユーザーは、購入の際にDCJPYによる代引きを選択する。

 おそらく、この時点でユーザーと事業者は、「商品が届いたら支払いをする」という契約を交わす。

 運送会社のドライバーが商品をユーザーの自宅に届けた時点で、引き渡しを記録する。

 その時点で、ユーザーの口座からは自動的にDCJPYが引き落とされる。

 上記はホワイトペーパーの内容から筆者が想像したものだが、スマートコントラクトが実装された場合、おおむねこうした取引の流れになるのだろう。

 フォーラムには、ヤマトホールディングスも参加している。

既存の銀行に有利?


 続きは「日本のステーブルコイン、銀行に有利?」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1388(2022年5月24日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1387(2022年5月17日発行)

  • 週刊アスキー No.1386(2022年5月10日発行)

  • 週刊アスキー No.1385(2022年5月3日発行)

  • 週刊アスキー No.1384(2022年4月26日発行)

  • 週刊アスキー No.1383(2022年4月19日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事