このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ここが変わったWindows 11 第18回

Windows 11でタスクバーやスタートメニューに「ピン留め」して手軽にアクセス

2021年11月19日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「すべてのアプリ」のアプリを右クリックし「スタートにピン留めする」をクリックする

 Windows 11のスタートメニューやタスクバーにはアプリのショートカットが並んでおり、手軽にアクセスできるようになっている。標準で主要なアプリが登録されているが、人によっては他のアプリを登録したいこともあるだろう。今回は、お気に入りのアプリをタスクバーやスタートメニューにピン留めして手軽にアクセスする方法を紹介する。

 まずは、スタートメニューを開き、「すべてのアプリ」をクリック。アプリ一覧から、ピン留めしたいアプリを右クリックし、「スタートにピン留めする」をクリックする。これで、スタートメニューを開くと、アプリのアイコンが直ぐに表示されるようになる。

スタートメニューにピン留めできた

 ピン留めされているアプリが多すぎると、複数ページにまたがって表示されるが、操作手順が増えては本末転倒だ。不要なショートカットのピン留めは外しておこう。右クリックして「スタートからピン留めを外す」をクリックすればいい。

ピン留めされているアプリを右クリックし「スタートからピン留めを外す」をクリックする

 ピン留めアイテムの場所も調整して、よく使うアプリを上位に表示しておくと、さらに便利になる。ドラッグ&ドロップで移動したり、右クリックメニューから「一番上へ移動」をクリックしてると先頭に表示したりできる。

ピン留めされているアプリは右クリックメニューから「一番上へ移動」をクリックすると先頭に移動できる

 フォルダを登録することも可能だ。エクスプローラでフォルダを右クリックし、「スタートメニューにピン留めする」をクリックすればいい。

フォルダを右クリックして、「スタートメニューにピン留めする」をクリック

スタートメニューにフォルダをピン留めできる

 Edgeブラウザからウェブページをピン留めすることもできる。「・・・」メニューの「その他のツール」をクリックし、「スタート画面にピン留めする」を選択すればいい。スタートメニューから任意のウェブページを一発で開けるようになる。

Edgeのメニューから、「スタート画面にピン留めする」をクリックする

スタートメニューにピン留めできた

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン