今なら通常より1万円引きだからすぐポチろう!

VAIO Zの技術を継承して生まれたVAIO SX12/SX14の賢い選び方

文●飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レガシーインターフェースからの脱却

 インターフェースは、ついにミニD-Sub15ピンが消えた。日本のメーカーはこの存在にかなりこだわっていたが、海外メーカーはだいぶ前から省かれている。VAIOもようやく古臭て大きい端子がなくなり、スッキリしたデザインとなった。

USB-C端子が2つあるのはポイント高い。USB-A端子が残っていると変換アダプターやUSBハブがなくても周辺機器が利用できるので便利。写真はVAIO SX12

欲を言えば、左側にもUSB-C端子がほしかった。そのあたりはVAIO Zと違うところ。写真はVAIO SX12

 ただ、VAIO ZのようにUSB-C端子2つとHDMI端子のみに絞るといった潔さはさすがになく、SDメモリーカードスロットはなくなったものの、ビジネスユースを配慮してUSB-A端子やLAN端子を残している。

 また、電源も専用ACアダプターからVAIO Zと同じUSB-C端子接続の65W出力小型ACアダプターへ変更。より持ち運びやすくなっている。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月