このページの本文へ

WOODシリーズ最上位機、クアルコム最新のAdaptive ANCにも対応

aptX Adaptiveで96kHz伝送できる、Victorの完全ワイヤレス「HA-FW1000T」

2021年10月20日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

片耳での通話が可能、マスクに合わせた設定も

 マイクに関しても力を入れており、小型で高感度なMEMSマイクとcVcノイズキャンセリング技術を組み合わせている。周囲の雑音が入り込みにくい声にフォーカスした集音が可能だ。おむすび型の特徴ある外観はこのマイク部分をできるだけ口元に近くしたいという配慮の表れでもある。

ノイズキャンセリング用の外側マイクはハウジングの隙間部分にある。

通話時のメインマイクは出っ張った位置にある。これとフィードフォワード用の外側マイクと組み合わせて、声にフォーカスを当てた集音をする。

 使い勝手の面でも、通話時にマイクのオン/オフをイヤホン側でできるようにしたり、マスク着用時の声のこもりをイコライジング補正するマスクモードを用意して、クリアな音声で音を届けられるようにしている。左右どちらでも片側利用が可能で、さらに片耳使用時でも本体で音量調整ができる点が特徴だ。

 面で支持する形状で装着感にもこだわっている。WOODシリーズということでタッチ操作をするフェイス部には木材(積層強化木)を使用。木製ハウジングのヘッドホンと同等のもので質感の高さにこだわっている。ケースも手触りのいいラバー調の仕上げとして高級感を感じさせるものとした。

 通信安定性の面では、Bluetooth 5.2、LDSアンテナ、左右同時伝送のTrueWireess Mirroring、Class1の高出力など余念がない。外音取り込み機能(タッチ&トーク)も持つ。

面で筐体を支えるデザイン。近距離センサーも備えている。

 操作性についてはボリュームステップを1dB単位で100段階と非常に細かく調節できる。装着センサーにより適切な動作モードを選択し、タッチの誤動作を防止したり、フィードバック音で操作したことが確実に分かるタッチコントロール機能などを備えている。

 バッテリー駆動時間は本体のみで最大9時間(AACコーデック使用、ANC/K2テクノロジーオフ)、充電ケース併用で最大27時間の利用が可能。ただし、K2の処理は負荷が高いため、利用した場合の再生時間はかなり短くなるという。本体はIPX4の防滴仕様だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン