このページの本文へ

在宅勤務環境を整えるパーソナルソリューションとして提供

ロジクール、法人向けドッキングステーション・イヤホンなど3製品

2021年10月13日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

在宅勤務向けにドッキングステーションなど3製品を発表

 ロジクールは10月13日、法人向けに在宅勤務環境を整えるパーソナルソリューションとして、ドッキングステーション、完全ワイヤレスイヤホン、有線イヤホンを発表した。

ドッキングステーション「Logi Dock」

「Logi Dock」

 ドッキングステーション「Logi Dock」は、USB Type-A、USB Type-C、HDMI、DisplayPort 1.4を搭載。最大5台のUSB周辺機器と2台のモニターを接続しながら最大100WのノートPCを充電できる。

 Microsoft Teams、Google Meet、Google Voice、Zoom認定を取得済み。無償アプリ「Logi Tune」とカレンダーを連携しておくことで、本体上面のボタンを押すだけで瞬時に会議に参加できるほか、ミュートやビデオのオン/オフも簡単に操作できる。

 内蔵スピーカーフォンは6つのビームフォーミングマイクを搭載し、雑音を抑制しながら声をクリアに捉える。音声やマイクの音をイヤホンに切り替えたい場合は、ペアリング済みのワイヤレスイヤホン「Zone True Wireless」を耳に挿入するか、無線ヘッドセット「Zone Wireless」をオンにすると、スムーズに切り替わる。

 前面に2個の55mmオーディオドライバー、左右の側面に低音を強化するパッシブラジエーターを配置することで、音楽鑑賞にも適した力強い低音と十分な音量を実現したとする。Bluetooth経由でスマホやタブレットをペアリングして音楽再生も可能。

 UC版、Microsoft Teams認定版をラインアップする。参考価格は5万1099円で、2022年1月中旬発売予定。

完全ワイヤレスイヤホン「Zone True Wireless」

「Zone True Wireless」

 完全ワイヤレスイヤホン「Zone True Wireless」は、Microsoft Teams、Skype for Business、Zoom、Google Meet、Google Voice認定を取得済み。S/M/Lの3サイズのイヤージェルが付属する。

 12mm径のオーディオドライバーを搭載。左右のイヤホンにマイクを3個ずつ内蔵し、2つのビームフォーミングマイクと骨伝導により音声を捉えてノイズを抑制するリダクション用のマイク、ダイナミックプロッセシングを組み合わせることで、騒がしい場所にいても自分の声を相手にクリアに伝えられるとする。アクティブノイズキャンセリング(ANC)と外音取り込みモードを切り替えられる。

 2台のデバイスに同時にワイヤレス接続可能で、PCとスマホをスムーズに切り替えられる。BluetoothとUSB Type-Aのほか、同梱のアダプターを用いたUSB Type-C接続も可能で、最大8台のデバイス接続を保存できる。

 ケースは充電機能付きで、同梱のUSB Type-C to A充電ケーブルもしくはQiワイヤレス充電で充電が可能。イヤホン本体はおよそ2時間45分のフル充電で最大およそ12時間のリスニング、最大およそ6.5時間の通話(いずれもANCオフ)が可能。ケースをおよそ3時間フル充電すればイヤホン本体をおよそ2.5回充電できる。およそ5分間の急速充電では最大およそ2時間のリスニング、もしくは最大およそ1時間の通話が可能とする(いずれもANCオフ)。

 イヤホン本体はIP68の放水防塵規格に準拠しており、仕事だけでなくジムでのワークアウトなどでも使用可能。参考価格は3万4500円で、12月下旬発売予定。

有線イヤホン「Zone Wired Earbuds」

「Zone Wired Earbuds」UC版

「Zone Wired Earbuds」Microsoft Teams認定版

 有線イヤホン「Zone Wired Earbuds」は、ケーブル上のコントローラーを用いて音量や通話、音楽の再生/一時停止などを手元で操作できる。Microsoft Teams、Skype for Business、Zoom、Google Meet、Google Voice認定を取得済み。Microsoft Teams認定モデルにはTeamsの起動ボタンを搭載する。XS/S/M/Lサイズの4セットのイヤージェルを同梱する。

 左イヤホンに2つのビームフォーミングマイクを搭載し、声にフォーカスしながら不要な音を低減する。6mm径のオーディオドライバーはPETとPU素材で強化され、ネオジムマグネットを採用。クリアな音声用と音楽用に最適化された2種類のEQが設定済みで、パッシブノイズリダクションと音漏れ防止にも対応する。

 接続は3.5mmプラグとUSB Type-C、USB Type-Aで、スマホやタブレット、PCにつなげばすぐに使えるプラグ&プレイ対応。

 UC版、Microsoft Teams認定版をラインアップする。参考価格は1万580円で、12月下旬発売予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン