このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

2021年オススメ腕時計 旬モデル3選 第2回

税込みU10万円、実力ある才色兼備「お洒落メンズ時計」3選

2021年10月08日 09時00分更新

文● 川口哲郎 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ボーム&メルシエ/ボーム ムーンフェイズ(Ref.M0A10637)9万6800円

 “時計の役目ってなんだろう?” おそらく10年前なら、いちいちそんなことを考える人はほとんどいなかった。だが、スマートフォンが日常に溶け込み、時刻確認の主要な術となるにつれ、あらためて腕時計の存在価値が問われ、見直されようとしている。そこで脚光を浴びている要素のひとつが、“ファッション性”だ。

 腕時計は、サイズ的には装いのほんの一部、いわゆる“小物”に過ぎないが、全体の印象の決める重要なアイテム。機能やデザイン、選ぶブランドなどでライフスタイル(=価値観)をさりげなく周囲に伝えることができ、アイデンティティにもなり得る。

 ただ、第一義はもちろん時刻を知ること。時計本来の機能性や品質が重要である。10万円アンダーの価格帯は、実力に富み個性的な艶もある“才色兼備”のモデルの宝庫。秋冬シーズンに腕元から気分をアゲる、旬な新作を紹介!

 

ボーム&メルシエ/ボーム ムーンフェイズ(Ref.M0A10637)9万6800円

懐かしくも新しい。老舗による「着せ替え」可能な新機軸!
ボーム&メルシエ/ボーム ムーンフェイズ

 「ボーム&メルシエ」はスイス時計産業の中心地、ジュラ地方で1830年から続く老舗。伝統的なドレスウオッチに加えアクティブなスポーツ系など幅広いコレクションを手がけているが、「ボーム」は従来の製品とは一線を画すモダンな軽やかさ、あるいは品位のあるミニマリズムといったファッション性の高さで注目される。

 「ボーム」は当初、工具不要でストラップを換装できる“インターチェンジャブルシステム”の採用でカスタマイズの可能性を広げる新ブランドとしてオンライン限定で発足し、のちに「ボーム&メルシエ」に統合。現在はオンラインをメインに、直営ブティック 日本橋三越本店でも取り扱い、ラインアップの拡充も進んでいる。

 気になる最新作は、艶やかなブルーサンレイの文字盤に、月の満ち欠けをグラフィックで表示する“ムーンフェイズ”を大胆に投入! 月と星を描いた回転ディスクの6時位置に当日の月齢が表示される仕組みで、神秘的な天体のスペクタクルを、スタイリッシュなデザインに見事に昇華している。

ワイヤー状のラグは可動式。フレキシブルな構造が抜群のフィット感をもたらす!

 さらに、往年の懐中時計を思わせる12時位置のリューズや、シリンダー型のケース、マイクロブラスト加工が施されたブラックPVDのワイヤーラグなど、古参ブランドならではの手腕が生きる懐古調に、環境に配慮したアップサイクル素材のストラップといった今日的コンセプトが抜群に映える。ストラップは各種のバリエーションを単体で購入することができ、その日の服装や用途で使い分けることが可能だ。

ボーム&メルシエ/ボーム ムーンフェイズ
Ref.M0A10637
9万6800円(※交換用ストラップ 各種7260円)

●主な仕様 駆動方式:クオーツ
ケース径:41mm
ケース厚 8.1mm
ケース素材:ステンレス・スチール
ストラップ素材:コットン
風防素材:サファイアクリスタル
防水性能:3気圧防水

※2021年10月12日まで、伊勢丹新宿本店 本館1階 アイウェアショップにてボームコレクションが一堂に会す「ボームコレクション POP UP」を開催。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ