• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

スクウェア・エニックスの魅力が詰まったタイトル目白押し!

『FFオリジン』や『チョコボGP』など、TGSでも発表されたスクウェア・エニックスの新作タイトル8本を先行体験!

2021年10月05日 18時30分更新

文● イチえもん&Zenon 編集●ASCII

 スクウェア・エニックスは某日、メディア向け体験会を開催。本体験会では、同社が贈る注目の新作タイトル8本を試遊することができた。そのなかには、「東京ゲームショウ2021」で発表されたタイトルも含まれている。東京ゲームショウ2021のスクウェア・エニックスで発表された新作タイトルについては、こちら をチェックしてほしい。

 本記事では、ASCII編集部のイチえもんとZenonが体験した、注目すべき新作タイトル8本のインプレッションをお届けする。

『アクトレイザー・ルネサンス』

 まずは、9月24日より発売中の『アクトレイザー・ルネサンス』のインプレッションを紹介。本作は、スーパーファミコンで登場した同作のリメイク版で、PlayStation 4、Nintendo Switch、PC(Steam)、iOS、Androidで販売中だ。

 本作の主人公は魔物が蔓延る大陸に降り立つ「神様」で、人類を導いて文明を発展させるとともに、脅威となる魔物を討伐することが目的。魔物の討伐は横スクロールアクション(以下、アクションパート)、文明の発展は見下ろし方のシミュレーション(以下、発展パート)といった2部構成も特徴となっている。

主人公は「神様」として、魔物が蔓延る大陸へ降り立つ。迷える民を導いて文明を発展させつつ、魔物を討伐することが目的だ

口の悪い天使の助言を得ながら、文明を築いていく

 オリジナル版の面白さは損なうことなく、現代のゲーマーでも楽しめる新要素が多数盛り込まれている。たとえば、アクションパートではプレイアブルキャラクターの攻撃モーションを追加。上下の攻撃に加え、バックステップによる回避もでき、オリジナル版よりも動きが柔軟になったという印象だ。もちろん難易度設定もあるので安心してほしい。

懐かしさが漂うアクションパート。道中にいる敵を倒し、最後に待ち構えるボスを倒せばクリアだ

上下の攻撃に加え、バックステップも追加。回避モーションも追加されたことで幾分か戦闘が楽になったと思ったが、実際にプレイすると難しさはオリジナルのままだった(難易度設定が可能なのでどうかご安心を)

 そのほか、刷新された発展パートも興味深く感じた。民を導いて無毛の土地に文明を築いていくシミュレーション要素は健在だが、新要素として、神殿に攻め入ろうとする魔物を食い止めるタワーディフェンスも追加された。もちろん文明の発展を見守るのも楽しく、アクションパートを忘れてしまうほどに没頭することもしばしば。最高の時間泥棒というべきだろうか。

発展パートの様子

魔物の移動ルートに砦や柵などを設置し、「奇跡」や「ユニット」を駆使して侵攻を食い止めていく

イベントで出会うユニットを育成

 筆者は、Wiiの「バーチャルコンソール」でオリジナル版の本作をプレイしたことがある。スーファミ世代ではなかったが、アクションパートと発展パートはどれもゲーマーの心を射抜く面白さが詰まっていた。プレイした当時は大学生で、面白さのあまり徹夜したものだった。

 実際にリメイク版の本作を試遊してみたら、あの頃の懐かしさを思い出すとともに、新作タイトルをプレイしているような新鮮さを味わった。懐かしくて新しい。もう一度アクトレイザーに熱中するときがきたようだ、と筆者の心は熱く燃え上がった。

【ゲーム情報】

タイトル:アクトレイザー・ルネサンス(Actraiser Renaissance)
ジャンル:アクションRPG+クリエイション(街づくり)
配信:スクウェア・エニックス
発売日:発売中
プラットフォーム:Nintendo Switch/PlayStation 4/PC(Steam)/iOS/Android
価格:
 Nintendo Switch/PlayStation 4/PC(Steam):3520円(ダウンロードのみ)
 iOS/Android:2440円(ダウンロードのみ)
CERO:B(12歳以上対象)

(試遊&文●イチえもん/ASCII)

『Marvel's Guardians of the Galaxy』

 次は『Marvel's Guardians of the Galaxy(マーベル ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)』を紹介。本作は同社グループのスタジオ「Eidos-Montréal」が手がけたサードパーソン・アクションアドベンチャーで、完全新規のオリジナルストーリーが描かれる。発売は2021年10月26日(PC版は10月27日)で、プラットフォームはPlayStation 5、PlayStation 4、Xbox Series X|S、Xbox One、Nintendo Switch、PC。

 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを率いるリーダーのスター・ロードを操作し、メンバーのロケット、グルート、ドラックス、ガモーラに指示を与えながらミッションを攻略していく。各メンバーはそれぞれ固有アビリティーを有しており、状況に応じてそれらを使って困難を打破する。戦闘はかなり面白く、連携が決まったときの爽快感は格別だった。

映画にもなったマーベル・コミックスの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をベースにした、完全オリジナルストーリーを体験できる

スター・ロードとして、凸凹すぎる4人のメンバーに指示を出しながら困難を乗り越えていく。謎解きや戦いが度々発生するが、メンバー全員の力が必要不可欠なのだ

 なんといっても、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの世界をゲームで体験できるのが最大の魅力。仲間同士で交わす会話をはじめ、80年代の洋楽、ギャグなどが満載で、映画版を愛する筆者は試遊して数分で虜になってしまった。レッツ・ロックンロール!

【ゲーム情報】

タイトル:Marvel's Guardians of the Galaxy
ジャンル:サードパーソン・アクションアドベンチャーゲーム
販売:スクウェア・エニックス
プラットフォーム:
PlayStation 5/PlayStation 4/Xbox Series X|S/Xbox One/Nintendo Switch/PC
発売日:2021年10月26日予定
※PC版の発売日は2021年10月27日となります。
価格:
 通常版:8800円(パッケージ版/ダウンロード版)
 デジタルデラックス版:9900円(ダウンロード版のみ)
※パッケージ版はPlayStation 5/PlayStation 4のみになります。また、Nintendo Switchはクラウド版での発売となります。
対応言語:
 音声:日本語/英語
 字幕:日本語/英語
CERO:C(15才以上対象)

※画面は開発中のものです。
※開発中のためゲーム画面は英語表記となっておりますが、製品版ではボイス・テキストとも日本語に対応しております。

(試遊&文●イチえもん/ASCII)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう