このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

末岡洋子の海外モバイルビジネス最新情勢 第282回

Facebookがサングラスのレイバンとコラボ AR/VRでスマホの次のプラットフォームに挑戦か!?

2021年09月18日 12時00分更新

文● 末岡洋子 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カメラの主流はスマホからARメガネになるのか?
まだまだ機能は限定的だが将来はわからない

 そしてAR側の挑戦も続けてきた。「最終的には、普通のメガネのようなものにホログラム機能があり、デジタルの3Dワールドが組み合わさる」とZuckerberg氏は展望する。とは言え、技術的課題は多い。小さな筐体にコンピューティングを詰め込むこと、人が顔に装着するため熱対策が必要であること、十分な持続時間を持たせること、などの課題を挙げつつ、「今後10年で最も面白い技術的挑戦になる」とした。今回のRay-Ban Storiesは現時点での成果となる。

 これらの機器、そして特徴を活用したアプリが出てくるというのが、“次のプラットフォーム”という主張の理由だ。次とは、スマートフォンの次である。「PCやスマートフォンを完全に置き換えることはないだろう。だがVR/ARはこれらに匹敵する規模と重要性を持つだろう」(Zuckerberg氏)。それによりメタバースの時代がやってくるというものだが、それについてはここでは省略したい。

 スマートフォンをいちいち取り出す必要がなく、ハンズフリーで写真と動画が聞けて、音楽が楽しめる。現時点でのRay-Ban Storiesのウリはこの範囲だ。

 携帯電話がカメラの出荷台数を上回ったのは、2003~2004年の頃。当時全盛期だったNokiaが世界最大の“カメラ出荷メーカー“となった。今度はARメガネがスマートフォンのカメラを上回るのだろうか? 普段からメガネもサングラスもかけない私には、まだその未来は予想できない。

筆者紹介──末岡洋子

フリーランスライター。アットマーク・アイティの記者を経てフリーに。欧州のICT事情に明るく、モバイルのほかオープンソースやデジタル規制動向などもウォッチしている

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン