街を新たな展示空間へと変える、共創型プロジェクト

日本橋の街に実装したいARのアイデアを募集開始、三井不動産「未来特区プロジェクト」

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ARギャラリー イメージビジュアル “AR江戸拡張”AR三兄弟

 三井不動産は12月14日、創立80周年を機に推進している「未来特区プロジェクト」のうち、文化領域を担う「クリエイター特区」を盛り上げるアイデアの一般募集を開始した。

 クリエイター特区では、クリエイターの想像力・創造力を活かし、リアル・デジタル空間が融合した新たな場作り・事業創造を目指す。2022年5月日本橋にてプロトタイプを発表し、“UNBUILT”というコンセプトのもとリアル、デジタル、さらに双方を組み合わせたデジタルオンリアル(ARを用いた拡張現実空間)の3つの場にギャラリーを展開。一部の作品がデジタルアートとして展示される予定。

川田十夢氏(AR三兄弟)

 デジタルオンリアルの場では、募集した展示作品のアイデアに、川田十夢氏(AR三兄弟)のAR技術を掛け合わせることで、日本橋の街を新たな展示空間へと変える。

 同プロジェクトでは、日本橋にARで実現したいアイデアを募集している。企画書のみでプロ・アマ問わず応募可能。個人、もしくはチーム(最大5名)での応募を受け付けている。審査員はAR三兄弟(審査員長)、ヴィヴィアン佐藤氏、牛木匡憲氏、せきぐちあいみ氏、出村光世氏。

募集概要

募集内容:「こんなことが日本橋という街にARで実現したら面白い!ワクワクする!」というアイデア(AR技術不要・企画書のみ)
展示期間:2022年5月下旬~6月下旬(予定)
展示場所:仲通り、福徳の森
採択アイデア数:2点(開催期間中5点を展示予定。残り3点はAR三兄弟による制作物)、その他4~5点、審査員長賞を予定。
賞金:採択アイデア1点につき賞金100万円(2アイデア、賞金総額200万円)
審査基準:(1)独創性(既存の常識やルールに捉われていないアイデアか)
     (2)コンセプトとの親和性(日本橋という街・ARという技術が持つポテンシャルがうまく活かされているアイデアか)
権利関係:採択されたアイデア・AR作品の著作権は応募者に帰属される。
応募期間:12月14日~2022年2月15日23時59分
応募詳細:https://www.miraitokku.com/creator#overview

展示場所(仲通り)

展示場所(福徳の森)

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
04月
06月